ビューティ情報『【お医者さんに聞いてみよう!】Q:母が自己免疫性肝炎を発症。一般的に遺伝はしないと聞きましたが、心配しています。』

2016年12月18日 13:39

【お医者さんに聞いてみよう!】Q:母が自己免疫性肝炎を発症。一般的に遺伝はしないと聞きましたが、心配しています。

目次

・質問:母が自己免疫性肝炎を発症。一般的に遺伝はしないと聞きましたが、心配しています。
・回答:「自己免疫性肝炎」についてお答えします。
【お医者さんに聞いてみよう!】Q:母が自己免疫性肝炎を発症。一般的に遺伝はしないと聞きましたが、心配しています。

質問:母が自己免疫性肝炎を発症。一般的に遺伝はしないと聞きましたが、心配しています。

母が自己免疫性肝炎を発症しました。肝疾患の中でも女性に多いと聞きました。一般的に遺伝はしないと聞きましたが、詳細原因が解明されていないだけに、もしかしていつか自分も……と心配しています。
アルコール摂取量を制限するなどで発症を防ぐことはできるのでしょうか?また、甲状腺の病気も合併症として起こる場合があると聞きましたが、こちらも予防策はあるのでしょうか?
兵庫県:yukariさん(28)

回答:「自己免疫性肝炎」についてお答えします。

――「自己免疫性肝炎」の遺伝
自己免疫性肝炎に関するご相談ですね。おっしゃるように、自己免疫性肝炎は40代から50代で発症することが多く、1対7の割合で女性の患者が多いといわれています。欧米と比べて、日本には少ないとされていますが、まれに若い方や高齢者でも発症する方がいらっしゃいます。原因に関しては、はっきりしたことはまだ分かっておらず、免疫をつかさどるリンパ球という細胞が肝臓の細胞を異物と認識して、攻撃してしまうことが原因ではないかと考えられています。このような攻撃が起こるきっかけとして、何らかの薬物やウイルスの感染が疑われますが、それもまだ解明はされていません。

ご心配の遺伝に関しては、すでにお聞き及びのように、いわゆる遺伝病ではない、と考えられています。しかし、遺伝の心配が全くないかというと、ほかの多くの病気同様そうではなく、病因と考えられている免疫を担う遺伝子の一部が両親から受け継がれることになるため、どちらかの親、または両親に自己免疫性肝炎の患者さんがいると、そうでない方に比べて発症率は多少高くなるといわれています。ただ、家族内発症はごく一部であり、あくまでパーセンテージの問題です。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.