ビューティ情報『メイクのお悩みいろいろあるけどやっぱりベースが命!【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#03】』

2019年12月20日 12:00

メイクのお悩みいろいろあるけどやっぱりベースが命!【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#03】

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

目次

・ベースメイクアイテムの種類と活用法
・スキンケアで良好な肌状態をつくっておくのがポイント
・ファンデーション・コンシーラー・フェイスパウダー
・パウダーファンデーションを使う時のポイント
・お悩み別アイテム紹介
・テカリ崩れが気になる/レブロン カラーステイ UV プライマー
・シミ、しわ、乾燥が気になる/IOPEエアクッションカバー
・シミ、しわ、乾燥が気になる/LJ パーリィーパウダー


01

ベースメイクアイテムの種類と活用法

まずはベースメイクアイテムの種類をご紹介します。【下地】ファンデーションのノリやモチを良くしたり、肌色を調整するために使います。【ファンデーション】肌色の赤味、色むら、くすみなどを均一に整えることで、健康的な肌色を演出します。必要な個所に必要なだけ付けるのがポイント。【コンシーラー】ファンデーションではカバーしきれない赤味、シミ、クマなどがある場合や、ハイライト、皮膚感をしっかりと整えたい時に使います。厚ぼったくなりやすいので、使い方に注意が必要です。【フェイスパウダー】ファンデーション類のあとに付けることで、肌のきめを細かく見せたり、崩れを防ぐことができます。

スキンケアで良好な肌状態をつくっておくのがポイント

86254648


様々な種類のメイクアップベース(下地)があります。気になるお悩みに合わせて選ぶのがいいですね。スキンケアで充分に保湿をして整えたお肌に適量なじませます。この時、使う量が日によって変わることがないように注意しましょう。いつも通りの量では足りない、逆に余ってしまう、という時は、スキンケア見直しが必要です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.