ビューティ情報『膣内環境を正常に整えるにはどうしたらいいの?│教えて!咲江先生(3)』

2019年11月9日 12:00

膣内環境を正常に整えるにはどうしたらいいの?│教えて!咲江先生(3)

デリケートゾーン向上委員会#03膣内環境の悩み

目次

・デリケートゾーン向上委員会#03膣内環境の悩み
・この記事の専門家は…咲江レディスクリニック 院長 丹羽 咲江先生
・知っておきたい膣内環境について
・Q:どういう状態を“膣内環境が整っている”というのでしょうか?
・A:酸性とアルカリ性のバランスが取れた状態
・膣内環境を整えよう
・Q:膣内環境を整えたいときはどうしたらいいでしょうか?
・A:体調管理そして、セックスにも気を付けて
・年齢とともに膣内環境にも変化が
・Q:年齢を重ねるとセックスができなくなるのでしょうか
・A:女性ホルモンが鍵潤滑ゼリーもおすすめです
・デリケートゾーンは大切な体の一部日常的なケアを
・Q:膣内環境を整えることの大切さについて教えてください
・A:しっかり自分の膣と向き合って
02 680 300

この記事の専門家は…咲江レディスクリニック 院長 丹羽 咲江先生

Sakie 01


昭和41年生まれ。国立名古屋病院(現 名古屋医療センター)にて婦人科悪性腫瘍、やさしく」「丁寧」「痛くない」診療にこだわり、名古屋市立城北病院(現 名古屋市立西部医療センター)ではハイリスク妊娠、分娩などに携わる。その後、「じっくりと話を聞きながら患者様の悩みを解消していきたい」という思いから平成14年から咲江レディスクリニックを開院。思春期外来も開設し、思春期保険相談士とともに性教育にも力を注ぎながら、「女性の健康」をベースに講演活動を精力的に行っている。最も得意な分野は「性交痛」や「におい」の治療。▼咲江レディスクリニックhttp://www.sakieladiesclinic.com/

知っておきたい膣内環境について

Q:どういう状態を“膣内環境が整っている”というのでしょうか?

【質問】“膣内環境を整える”といいますが、どういう状態が膣内環境が整っている、といえるのでしょうか?自分でもわかるチェック法があったら教えてください。

A:酸性とアルカリ性のバランスが取れた状態

【咲江先生】乳酸桿菌がある程度あり、酸性とアルカリ性のバランスがとれた弱酸性が保たれている状態をいわゆる“膣内環境が整っている”といいます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.