ビューティ情報『自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】』

2020年1月16日 12:00

自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

目次

・恥ずかしがらず自分の「膣まわり」に目を向けて
・そもそも「膣まわり」ってどんな場所?
・排泄・月経・セックス・妊娠出産。大切なことすべてに関わる大切な膣まわり
・今からでも遅くない“これから”が大切


自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】

恥ずかしがらず自分の「膣まわり」に目を向けて

『潤うからだ』を出版してから本当に多くの場所でセミナーやトークショーをさせて頂きます。その度に参加してくださる方々に問いかけていること、それは「みなさんは、自分の膣まわりを見たことがありますか?」ということです。セミナーが終わった後にお一人お一人と話しているとわかるのですが、自分の「膣まわり」を見たことも、触ったこともない、という方が本当に多いのです。これでは、いくら「膣まわり」のケアをはじめましょうと言ってもピンとこないはずですよね。自分の「膣まわり」がどんな構造になっているのか?40代からでも遅くはありません。今こそ女性として最も大切にすべき場所に目を向けましょう。

そもそも「膣まわり」ってどんな場所?

717384221


それではまず初めに、一緒に膣の構造について確認していきましょう。まず膣とは、セックスの際に男性器が挿入される場所であり、筋肉層でできています。だからこそ、セックスや膣トレで収縮させなければ筋肉層は衰え、たるんでいきます。膣の入口は膣口(ちつこう)と呼ばれ、それを囲むように小さなヒダ状の小陰唇(しょういんしん)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.