ビューティ情報『更年期は眠い! 原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】』

更年期は眠い! 原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】

2018年4月4日 12:00
 

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

目次

・眠い!とにかく眠い
・カラダに素直に休んでみる
・動いて自律神経を整える
・眠気と病気
・体調を改善しようとする過程でカラダが変わる
更年期は眠い!  原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】

眠い!とにかく眠い

40代になると、睡眠に関する悩みを抱える人が増えてきます。「眠れない」という悩みがある一方で、「朝起きられない」「眠っているのに眠い」「日中に強烈な眠気がやってくる」ということもあります。新種の金縛りではありません。実は、女性特有の理由があって「眠気」が起こっているのです。更年期は誰もが通る道ですが、この時期は女性ホルモンの急低下から自律神経が乱れやすくなります。自律神経は大きく「交感神経」と「副交感神経」に分かれています。「交感神経」は興奮を司る神経です。活発に活動するときや、運動をしているときに優位にはたらいています。「副交感神経」はリラックスを司る神経です。休んでいるときや、睡眠時に優位にはたらいています。この2つの神経のバランスが乱れてしまうと、さまざまな不調があらわれます。日中なのに強烈に眠いという場合は、交感神経が優位であるはずの時間帯に副交感神経が優位になってしまっている証拠です。他にも、自律神経の乱れによって、夜眠りたいのに眠れなかったり、深夜のホットフラッシュで目が覚めてしまったり、朝起きたいのに起きられなかったりということがあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.