ビューティ情報『美肌のプロ直伝! ツヤ肌を取り戻す食事法【アラフォーから始める美肌作り#4】』

美肌のプロ直伝! ツヤ肌を取り戻す食事法【アラフォーから始める美肌作り#4】

2018年4月14日 12:00
 

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

関連リンク

・花粉の時期の「鼻の皮むけ」にオススメのスキンケアとベースメイク!
・【特別対談】 女優・ヨガインストラクター 松本莉緒さん×ヘンケルジャパン(シュワルツコフ)代表金井博之さん~後半~
・古いコスメって使っていいの?種類別コスメの消費期限と保管方法

大切なのは血液をサラサラにしてくれる食事

691448366


お肌は内臓の鏡と言われるほど、身体の不調とお肌の不調は繋がっています。便秘になるとニキビができやすいのもその一つです。お肌のためには食事も気をつけないといけないとわかっていても、スーパーフードに低糖質、グルテンフリー…情報が多過ぎて何を基準にしたら良いのか悩んでしまいます。無農薬やオーガニックのものが良いことは間違いありません。でも、毎日何種類ものオーガニック野菜や果物を摂ろうと思うと、それなりにコストがかかります。また、お肌のために栄養は摂りたいけど、カロリーが気になってしまう方もいるかと思います。では、お肌をキレイにするための食べ物とはどんなものでしょうか?それは、サラサラの血液をつくる食べ物です。栄養は、動脈によってお肌のすみずみまで運ばれます。一方、いらなくなった老廃物は静脈を流れる血液が回収します。栄養と老廃物の運び屋である血液がスムーズに流れることは、とても大切です。血液の流れが悪いと、細胞が栄養不足になり、顔色が悪く見えたり、肌のターンオーバーが乱れ、古い角質がはがれ落ちないことでくすみの原因にもなります。

良い母乳をつくるための食事=美肌食

質の良い母乳=質の良い血液わたしは出産後、桶谷式母乳教室に通いました。母乳にも、質の良い悪いがあること。そしてそれはお母さんの食べたもので決まる事などを教えて頂きました。母乳は血液から作られます。つまり質の良い母乳を作ることは、質の良い血液を作ることになります。桶谷式では、いい母乳を作るために、食べてはいけないものがたくさんありました。暑い国の果物は身体を冷やすのでダメ。ショートケーキ、チョコレートのような甘いもの、匂いが強い青魚やアクの強い野菜、高カロリーな脂身の多いお肉、唐揚げ、カレーやシチュー。ヨーグルトや牛乳などの乳製品。もちろんお酒もNGです。栄養過多になる事で母乳がドロドロになり詰まりを起こします。質の良い母乳を作る為には、栄養価が高い物をしっかり食べると言うより、粗食が大切のようでした。同じように質の良いサラサラの血液を作るためにも粗食が大切です。そう考えると粗食は美肌食の一つと言えます。

野菜を取り巻く環境

717161603


厚生労働省では「健康のために野菜を1日350g以上、果物を1日200g食べること」を推奨しています。ビタミン、ミネラルが豊富な野菜や果物をバランスよく食べる事はとても大切です。ですが、安全で栄養の高いものをセレクトすることが難しい世の中になっているのも事実です。水質汚染、大気汚染、特に中国の重金属や化学物質による深刻な土壌汚染など、栄養以外の有害な物が野菜や果物と一緒に身体に入らないように気をつけないといけません。たくさんの食べ物を口にすると言うことは、その分、気を配る必要が出てきてしまうのです。

美肌を作る粗食のすすめ

1


私のサロンでは、ニキビで悩むお客様に生理前の粗食を勧めています。生理前の黄体期は皮脂の分泌量が増えたり、身体が浮腫み易くなるため、血液サラサラの食事でデトックス機能を高めるのです。粗食の内容は「ご飯・梅干・お味噌汁」が基本です。それに納豆や海苔、おじゃこ、鰹節などを足します。血液をサラサラにしてくれる粗食は、一見、栄養不足になりそうだと思われがちですが、納豆はもちろん、おじゃこやお味噌、海苔、鰹節、これらの食材にもタンパク質が豊富に含まれています。タンパク質は筋肉を作る栄養素のイメージが強いですが、実はお肌の「コラーゲン」も、髪の毛や爪の「ケラチン」も全部タンパク質からできています。タンパク質は美に繋がるかけがえのない栄養素なのです。粗食と言われる食事でも、きちんと高タンパクな食事を摂る事ができるのです。また、納豆やお味噌は発酵食品ですので腸内環境も整えてくれます。梅干は食前に一粒食べる事で栄養の吸収や老廃物の排出を助けてくれます。また梅干しに含まれるバニリンという成分には脂肪を燃焼させるダイエット効果もあり、良い事づくしです。粗食の基本は「お米と味噌と梅干し」これだけでいいので、出来るだけ質の良い物を選ぶようにする。たったこの3つなのでそこまでコストも労力もかかりませんね。ですが、いつも粗食では寂しいですよね。美味しい物を食べたり飲んだりすると、気持ちが満たされたり、ストレスが解消されるので、結果美肌に繋がると思います。お肌の為にとアレもコレも我慢してばかりでは逆にストレスがたまってしまいます。粗食は物足りないから毎日食べるのは難しいかもしれません。食事もスキンケアと同じです。頑張るのが難しい日があっても「美肌のために粗食にする日」と「食事を楽しむ日」と言うふうに気持ちを切り替えて、ストレスをためない事が美肌への近道です。スキンケアアドバイザー 松瀬詩保

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.