ビューティ情報『何とかしたい“ぽっこりおなか” ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】』

2020年4月8日 12:00

何とかしたい“ぽっこりおなか” ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

目次

・お腹の脂肪は取らずに、筋肉を使ってコントロールする
・ぽっこりお腹やぶよぶよお腹になってしまう理由
・スッキリお腹のつくり方
・がんばらないのに健康になる
・体型は自分で選ぶ!


何とかしたい“ぽっこりおなか”  ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

お腹の脂肪は取らずに、筋肉を使ってコントロールする

「このお腹の脂肪、撃退したいのですがなんとかなりませんか?」そんな質問をいただく時、わたしは「撃退だなんてもったいない。取らずにおいていてください」と答えます。お腹のお肉はつかむと和菓子の求肥(ぎゅうひ)のようで癒しのアイテムに最適、とってしまうなんてもったいないと思いませんか?ある程度の脂肪であれば、ムリなダイエットをしなくても骨盤の角度と筋肉でいかようにもコントロールすることができます。体型は、自分で選べるのです。

ぽっこりお腹やぶよぶよお腹になってしまう理由

162330020


それでは、早速体型の選び方を説明しましょう。まず鏡をみて自分の姿をチェックしてみてください。体型を作るポイントは骨盤の角度と筋肉です。ぽっこりお腹は、骨盤が前に傾いて、腰が反ってしまうとお腹がぽっこりしてしまいます。ぽっこりしていて可愛らしいというメリットはあるのですが、光と影は表裏一体。何かを選ぶにはそれなりのリスクも引き受けなければなりません。この体型の健康上のリスクは、腰が反っている分、お腹の重みを腰で支えてしまうので、腰痛になりやすいということです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.