ビューティ情報『更年期症状が “ツライ人” “軽い人” の違いとは?【更年期は人生が輝くチャンス #20】』

更年期症状が “ツライ人” “軽い人” の違いとは?【更年期は人生が輝くチャンス #20】

2018年5月16日 12:00
 

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

関連リンク

・「妥協するクセ」が幸せを遠ざける。追求すべき4つの生き方
・【人相占い】小顔になると運気ダウン!?顔を見ただけでわかる運勢
・結局なにを重要視すればいいの?マッチングアプリで良い人と出会うコツ
更年期症状が “ツライ人” “軽い人” の違いとは?【更年期は人生が輝くチャンス #20】

更年期症状が“ある人”と“ない人”の違いとは?

「わたしには更年期はなかった」といった話を年配の方から聞いたことがあるかもしれません。しかしその一方で「生きているのが辛いほどの症状に悩まされた」という方のお話を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。「更年期」は全員が通る道で、確実にこの年代の女性の全員のカラダの中で変化が起こっていまるのです。それなのに症状の差はいったいどうして起こるのでしょうか?そして、どうしたらラクにこの時期を乗り越えられるのか?みていきましょう。

重〜い更年期障害になる理由

更年期障害とは、日常生活に支障が出てしまうほどの更年期症状のことを指します。更年期障害になる主な理由は、3つあると言われています。1つ目は、身体的変化。女性ホルモンの急低下によって起こる自律神経の乱れなどの症状です。カラダが疲れやすくなったり、動悸がしたり、急な発汗やほてり、睡眠の問題や、冷え、便秘などがこれに当たります。2つ目は、環境要因。これは家族環境の変化や仕事のストレスなどで起こるものです。更年期の時期はちょうど仕事で責任ある立場になったり、親の介護が始まったり、子どもが巣立つことによる家庭環境の変化などが起こったり、場合によってはまだ手のかかる未就学児を育てている場合もあります。人によっては様々な環境の変化が重なり合ってしまうんですね。3つ目は、本人の気質による心的要因。きっちりした性格や、自分に厳しい性格、「わたしなんて…」とマイナスに捉えやすい性格は更年期障害になりやすいと言われています。とはいえ、この3つは全てつながっています。なぜならカラダがボロボロだと気持ちもハッピーではなくなってしまいますよね。タンスの角に脚の小指をぶつけただけでも泣きたくなるのに、カラダの不調が複数も出てくることを想像するだけでも、「ハッピー♪」とはほど遠い気持ちになります。具合が悪ければ誰だって今までだったらなんてことなかった環境の変化にも敏感になりますし、感じやすく、傷つきやすくなってしまうのです。だからこそ、更年期はカラダを少しでも快適にするためにセルフメンテナンスがとても大事だと思います。

月経前症候群(PMS)がひどい人は更年期の症状も重くなる?

705016123


月経前と更年期のカラダの状態は良く似ています。月経前も女性ホルモンの分泌が低下していく時期だからです。出産経験のある方は産後の状態を思い出してください。産後は大量に分泌されていた女性ホルモンがストンと急降下し回復には数ヵ月程度かかります。月経前や産後に、涙もろくなったり、イライラしたり、不眠や動悸、急な発汗など、心やカラダの不調を経験した人は多いのではないでしょうか。それらは、女性ホルモンが急低下した時の自分の心とカラダの傾向です。更年期にも同じような症状が出るかもしれません。PMSや生理痛がひどかったという女性からは、閉経以降は不安定さと痛みから解放されて「快適になった!」という声も聞きます。更年期はけっしてマイナス面だけではないのです。

更年期に遺伝は関係ある?

自分の母親が酷い更年期の症状で鬱になったり、寝込んでしまった様子を間近で見た方は「更年期には私もこうなるのかしら…」と、心配になる場合もあるでしょう。しかし、更年期は遺伝はしませんので安心してください。更年期障害はカラダの変化だけでなく、環境面や気質など様々な要素が絡み合って起こります。辛くて耐えられない場合は治療法もあります。また、更年期かと思っていたら他の病気が隠れていたなんていうケースもあるので、なんだかよくわからない不調が続く場合は、婦人科の受診は大切な選択肢の一つです。

更年期が酷いかもしれない…と思ったら。

まずは、正しい知識を持っておくことがとても大切です。知っていれば、更年期は決して怖いものではないからです。更年期は英語では「the change of life 」と言って人生の転機として前向きに捉えられています。正しい知識をもっているのかいないのかで、同じことが起こっても捉え方も過ごし方も全く変わってきます。また、運動を生活の中にぜひ取り入れてください。カラダを動かすことで、自律神経が整い多くの更年期症状が緩和されるという研究も発表されています。まさに「更年期」を意識しはじめた時が、心とカラダに向き合うチャンスです。どんなにすばらしいクスリも生活習慣にまさるものはありません。「更年期」をうまく乗り越えながらより快適なカラダを手に入れましょう。NPO法人ちぇぶら代表理事永田京子

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.