ビューティ情報『梅雨や猛暑で起きる体調不良 原因と対策を知って快適に♪【天気と女性の関係#3】』

2020年6月23日 12:00

梅雨や猛暑で起きる体調不良 原因と対策を知って快適に♪【天気と女性の関係#3】

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

目次

・雨が与える女性のカラダへの影響
・雨の日でも快適に過ごす方法
・早起きをして活動する
・暖色系の服を選ぶ
・しっかりメイクをする
・食事には乳酸菌と食物繊維を
・季節の進みが早い今年は冷房対策をしっかりと!


梅雨や猛暑で起きる体調不良 原因と対策を知って快適に♪【天気と女性の関係#3】

雨が与える女性のカラダへの影響

168194507


雨自体が直接カラダに影響を及ぼすわけではなりません。雨による気温の低下や、湿気の不快さ、雨をもたらす低気圧による気圧の変化が、体に影響を与えていると考えられています。拙書「低気圧女子の処方せん」の監修をしていただいた順天堂大学医学部教授・小林弘幸先生のビッグデータ調査によると、雨が多いときはアクティブモードである交感神経の活動度が下がることが分かっています。曇りや雨の日は、体を休息モードに導く副交感神経の働きのほうが優位になるため、眠い、だるい、やる気が出ない、といった症状が出やすくなります。また、梅雨の期間というのは日本付近に梅雨前線が停滞し、梅雨前線上を低気圧が手をつなぐようにして頻繁にやってくるため、気温や気圧の変化が頻繁に起こります。気温や気圧の急な変化で、自律神経のバランスが乱れることで、頭痛やめまい、耳鳴り、首や肩のこり、関節痛、便秘、アレルギー症状、むくみなどの不調が表れます。そして日照不足が長期間続くと、脳内神経伝達物質であるセロトニンが不足します。セロトニンは精神を安定させる働きがあり、セロトニン不足からうつ病や不眠症の症状が出やすいのも梅雨どきです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.