ビューティ情報『「粘膜ケア」で膣に潤い 膣マッサージの方法とおすすめのオイル紹介【デリケートゾーン&膣のケア方法#6】』

2020年9月27日 12:00

「粘膜ケア」で膣に潤い 膣マッサージの方法とおすすめのオイル紹介【デリケートゾーン&膣のケア方法#6】

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

目次

・オイルマッサージで膣の委縮を予防&緩和
・粘膜ケア膣マッサージ方法
・おすすめは、マンゴーやブドウの種のオイル!
・膣ケアでお肌のハリツヤが変わる!?


「粘膜ケア」で膣に潤い 膣マッサージの方法とおすすめのオイル紹介【デリケートゾーン&膣のケア方法#6】

オイルマッサージで膣の委縮を予防&緩和

デリケートゾーンを洗った後はローションやクリームで保湿を、と前回お伝えしましたが、加えて挑戦してみて頂きたいのがオイルマッサージ。オイルでマッサージすることで保湿されるのはもちろん、血行を促進して、セックスや出産で傷んだ膣の粘膜を修復することができます。そもそも、膣の内側にある膣壁は年齢とともに薄くなっていくのをご存知でしょうか? 50代で閉経する頃には、20代のおよそ半分ほどの薄さになるとか。膣壁が薄くなると粘液の分泌量は減少し、乾燥しやすくなると言われています。だからこそ、VIOなどの保湿はもちろんですが、膣の中の潤いを保つためのケアが大人の女性には必要なのです。 自分の膣の中に指を入れたことがないので心配、という方もいるかもしれませんね。ただ、指が入るか、粘液がでているかを自分でチェックするのは女性にとってとても大切です。膣が硬くなっている、セックス時に痛みがある、という方ほど取り入れて頂きたいケアです。

932735154

粘膜ケア膣マッサージ方法

STEP:1 まずはよく手を洗って、デリケートゾーン専用のマッサージオイルを適量手に取り、膣の外側(大陰唇・小陰唇)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.