ビューティ情報『小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】』

2018年12月17日 12:00

小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

目次

・イライラしやすいのは心や体に不調があるから
・プチうつな人が増えている
・イラっとしないための心の整え方
・小さなことにイラっとしたら、自分の気持ちに目を向ける


02

イライラしやすいのは心や体に不調があるから

電車が遅れている、子供が飲み物をこぼすなど、よくあるイラっとしがちなシーンがあります。しかし同じような状況なのに、おだやかな気持ちで対処できるときもあります。怒りが芽生えて顔や口に出てしまうときというのは、その人自身に問題を抱えていることが多いようです。 例えば、やるべき事をたくさん抱えて焦っているときをイメージしてみましょう。心の器がもう少しでいっぱいになるところに、他人のせいで予定どおりに物事が進まなかったら、イラッとしてしまうのではないでしょうか。 また、体調が悪いときもその事で頭がいっぱいなので、予期せぬ出来事に余裕をもって対処するのが難しくなります。痛みがあるとき、疲れているとき、空腹なとき、月経前などは、自分が思うより心に負担がかかっています。 あなたは今、心に余裕がある状態でしょうか?それとも何かあったらイラっとしそうな状態でしょうか。ときには立ち止まって自分の心に目を向けてみましょう。

プチうつな人が増えている

891853664


うつ病は気分が沈んで、やる気が起こらず、強い倦怠感などで通常の生活を行うのが難しくなる病気です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.