ビューティ情報『更年期あるある 皮膚の乾燥&かゆみの予防改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #41】』

2019年3月6日 12:00

更年期あるある 皮膚の乾燥&かゆみの予防改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #41】

目次

・更年期の皮膚の乾燥やかゆみの悩み
・更年期に肌の調子が悪くなる理由
・肌のバリア機能を高めるポイント
・【更年期の肌ケア:その1】洗いすぎないこと
・【更年期の肌ケア:その2】保湿すること
・【更年期の肌ケア:その3】紫外線から肌を守ること
・【更年期の肌ケア:その4】食事をしっかりとること
・【更年期の肌ケア:その5】良質な睡眠をとること
・スッと眠りにつきやすくなる呼吸法
・更年期に負けない!「美と健康」は日ごろの生活習慣の積み重ね
更年期あるある 皮膚の乾燥&かゆみの予防改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #41】

更年期の皮膚の乾燥やかゆみの悩み

「このごろ肌のハリや潤いが減ってきた」、「肌がかさついてしまってストッキングが引っかかる」、「肌が乾燥して白い粉がふりかかっているようになっている」、「ちょっとの刺激で肌がかゆくなる」、「肌がかゆくて夜中に目が覚めてしまう」。更年期世代にはこのような、肌の乾燥や肌のかゆみに悩まされる方も少なくありません。なぜ更年期になると、このような症状が出てくるのでしょうか。そして、どのように肌を守っていけばよいのでしょうか。

更年期に肌の調子が悪くなる理由

514412091


更年期に、肌の調子が良くなくなる理由の1つは、女性ホルモンの減少です。女性ホルモンは、私たちの体の中で、美と健康を維持する様々な役割を果たしています。肌に関しては、ハリや潤いを保ってくれているような役割や、コラーゲンやヒアルロン酸の合成を促してくれるような役割があります。そんな女性ホルモンが減ってきてしまうと、肌はハリや潤いが十分に保てず、乾燥状態になりやすいのです。肌のバリア機能が低下してしまい、これまで使っていた化粧品が合わなくなってしまったり、汗やほこりが刺激となって、肌が痒くなったり、ピリピリしたり、赤くなってしまったりという悩みを抱える方も少なくありません。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.