ビューティ情報『更年期による関節痛の予防・改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #42】』

2019年3月20日 12:00

更年期による関節痛の予防・改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #42】

目次

・女性ホルモンの更年期にある関節痛
・更年期症状ではない関節痛
・40代半ばからのひざの痛みの9割は「変形性ひざ関節症」
・ひざの関節力をアップ!ひざの痛み予防・改善エクササイズ
・カラダの中で最も大きな筋肉「大腿四頭筋」
更年期による関節痛の予防・改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #42】

女性ホルモンの更年期にある関節痛

「朝起きると、指の関節が痛い」「手がこわばる」「膝や腰が痛い」このようなことを感じたことはありませんか?45〜55歳の「更年期」と呼ばれる時期は女性ホルモンの低下から、関節の動きが悪くなったり、手の指や手首、足の関節が痛むなどの症状が出てくることがあります。加齢や生活習慣によって関節を支えている軟骨や筋肉が衰えてしまうことも関節痛の原因の1つです。女性ホルモンの低下による、関節痛やこわばりの症状は数年で徐々に落ち着いてきます。辛い場合は我慢せず婦人科へ行きましょう。HRTホルモン補充療法を行うことで改善する場合もあります。

更年期症状ではない関節痛

一方で、更年期症状だと思っていたら、実は疾患が隠れていたと言う場合もあります。間違いやすいものは、関節リウマチ、膠原病、甲状腺機能低下症などです。リウマチは、ちょうど更年期世代でもある40代から発症する方が増え、関節のこわばりや痛みなど更年期の症状と似たような症状が起こるため自分では判断が難しいことあります。不調が続く場合は医療機関を受診しましょう。整形外科・リウマチ科、膠原病・リウマチ内科などがあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.