ビューティ情報『膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】』

2019年5月8日 12:00

膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

目次

・膣に触れることをためらう方が多い
・頭とお腹、そして膣はつながっている
・日ごろのお手入れで子宮脱も未然に防げる
Focuson 680 04


前回の記事はこちらから女性の膣ケアの体験を書いた『ちつのトリセツ』(径書房)の監修をされた、助産師たつのゆりこさん。たつのさんの助産院には、膣の悩みを持ち、地元のすべての産婦人科に通ったものの悩みが解消しなかった方がいらっしゃるそうです。彼女たちの中には、自分の身体の一部なのに、膣を触ったことがない方や触れない方も多いそう。しかし膣は筋肉なので膣も凝っています。ちょっとした軽いマッサージが必要なのです。首・肩コリを解消すると頭の血行が良くなるのと同じくらい意義のあるヘルスケアです。そこで、たつのゆりこゆりこさんへのインタビュー第二回目は膣ケアのお話です。

膣に触れることをためらう方が多い

02 01


膣ケアの必要性を理解していても、自分で膣を触れられない女性が結構いらっしゃいます。セルフケアを教えている途中にご自身で膣に触れないので、「どうしてなんでしょうね?」と聞いても黙ってしまう方が、医療従事者でもいらっしゃいます。とにかくいろいろな理由や感情が、重なっていることは事実です。何とも言えない状態を言語化するのは難しいですよね。その状況は理解できます。私も症状を医師に理解してもらいたくてあまりに細かく伝えたら、「精神科に行く?」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.