ビューティ情報『膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】』

2019年5月8日 12:00

膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

ってまじめに言われたこともありました(笑)要は繊細な部分なだけにいろいろ考えすぎてしまうのです。そうすると、膣周辺の骨盤底筋領域で起こっている変化にもますます敏感になります。――確かに触りなれていない方が多いでしょうから、抵抗のある方は多いでしょうね。そういう方のセルフケアの一歩目はどうしたらいいのでしょうか。なかなか触れない方にはまずは「直接触らなくていいから、お風呂上がりの温まった体で、10分くらい横になって、コットンにオイルをたっぷりつけて、会陰部にあててください」とお伝えしています。湯銭して温かくしたオイルをコットンにつけて、温かいうちに会陰に当てると、当てた瞬間がとても気持ちがいいのです。その「気持ちがいい」に素直に反応すること。ため息が出る人もいるでしょう。会陰のケアをしていると、不思議と息が深く出来るようになるようです。嫌な事があった日ほど意識してケアをすると一瞬の「気持ちいい」という感覚が心のわだかまりを溶かそうとしてくれます。これは私個人の感覚かなと思っていたのですが、クライアントさんからも「膣のケアすると涙があふれてくるんです」と言われたことがありました。また、背筋が伸びる方もいらっしゃるようで、来院される毎に姿勢が良くなってくる方がいらっしゃいます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.