ビューティ情報『更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】』

2019年6月24日 12:00

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

目次

・更年期障害の治療にはどんなものがあるの?
・女性たち自身が“ホルモン補充療法”に抵抗がある場合も
・婦人科でも更年期を診られる医師は少ない?
title02


前回までの記事はこちらから更年期の治療にはホルモン補充療法に代表される様々な方法がありますが、なかなか日本では普及が進んでいないのが現状です。そこには日本の医療界の仕組みと、女性たちの意識が関係しているようです。そこでメノポーズカウンセラーである女性誌「クロワッサン」で長年更年期の女性のための情報発信をしてきた越川典子さん、40代からの女性の健康管理を主としたクリニックで看護師として更年期の女性に寄り添ってきた江藤亜矢子さん、ヘアケアを専門とし女性の髪の悩みと対策に詳しい元井里奈さんの三人に集まっていただきお話を伺いました。ざっくばらんにお話を伺った第二回です。

更年期障害の治療にはどんなものがあるの?

――更年期障害の治療というとどんなものがあるんですか?江藤さん:そうですね。まずは診断をしてから治療に入ります。具体的には卵巣機能の状態を、月経の周期、血液検査で確認します。それから、何らかの病気が隠れていないかなど、他の病気の可能性を除外してから更年期障害の治療にはいります。治療法は、更年期を理解してもらうとともに、ホルモン補充療法、漢方、向精神薬、カウンセリング、サプリメントが代表的なものです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.