ビューティ情報『間違いなく『女の運命は髪で変わる』著者 佐藤友美さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】』

2019年9月5日 12:00

間違いなく『女の運命は髪で変わる』著者 佐藤友美さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

目次

・病院に行って症状を説明せず「良くしてください」といいますか?
・素敵だと思う髪型の人に “どこで” “誰に” 切ってもらっているか聞く
・すべての悩みのラスボスは“自己肯定感”
・佐藤友美さんプロフィール
Focuson 680 04


前回までの記事はこちらから『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)の著者で日本で唯一のヘアライター&エディターである佐藤友美さん。「世界トップの技術力を持つ日本の美容師さんに頼らないなんて損!」と仰るさとゆみさんに、どうやったら美容師さんと上手くコミュニケーションができるか、お話を伺いました。インタビュー最終回です。

病院に行って症状を説明せず「良くしてください」といいますか?

――いよいよ美容師さんにどうやって自分の思いを伝えたらいいか…というお話をお伺いしたいのですが、その前に「やっぱり美容師さんに何かを伝えるのは恥ずかしい!」という女性たちの背中をもうちょっと押してください(笑)

03 01


さとゆみさん:病院に行って自分の症状の説明をせずに「治して欲しい」って言いますか?――ああ…(笑)さとゆみさん:病院ならきっと皆さん事細かに“いつから”“どんな風に”“どこが”“どんなふうに痛いのか”説明されると思います。それと美容院に行って美容師さんに“自分がどんな風になりたいのか”を話すのはまったく同じことです。症状を細かく説明しないとお医者さんは的確な診断ができないように、美容師さんもお客さんの要望に応えることはできないし困ってしまうんです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.