ビューティ情報『将来生理がなくなる!? どんどん進化を遂げる生理用品 歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】』

2020年3月13日 12:00

将来生理がなくなる!? どんどん進化を遂げる生理用品 歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

目次

・月経カップに月経ディスク、賢く使って快適に
・生理がなくなる日も近い!?
・生理の平等化で世界中の女性たちを自由に
・田中ひかるさんプロフィール
Focuson 680 04


前回の記事はこちらから『生理用品と社会史』(KADOKAWA)著者 歴史社会学者 田中ひかるさんに生理と生理用品、日本社会の月経観などについてお話を伺ってきた最終回。生理用品は月経カップや月経ディスクなどが登場し経血処理がどんどん楽になってきていますが、田中ひかるさんは将来、生理そのものがなくなるかもしれない、と言います。いったいどういうことなのか、お話を伺いました。

月経カップに月経ディスク、賢く使って快適に

――ここまで生理や生理用品と日本社会についてお話を伺ってきました。今回は最新の生理用品事情についてお話を伺えればと思っております。田中ひかるさん:今はナプキンも素晴らしい品質のものがたくさんあって本当に楽になりました。日本のナプキンは世界最高水準だと思います。アンネナプキンが誕生し“需要がある”ということが分かると300社以上ものメーカーがナプキン製造に乗り出したそうです。そうやって切磋琢磨することで良質なものがどんどん出てきたというのは本当に素晴らしいし、嬉しいことですね。――日本でナプキンは今も生理用品の主流ですが、タンポンの需要はもうほとんどないようですね。田中ひかるさん:そうですね、タンポンを製造しているのは国内では1社になってしまいました。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.