ビューティ情報『見た目マイナス3歳 若見えするとっておき4つの方法』

2019年10月16日 22:00

見た目マイナス3歳 若見えするとっておき4つの方法

メイクツールを変えるだけで若々しい印象に!

目次

・メイクツールを変えるだけで若々しい印象に!
・ヘアスタイルはハリ・ツヤ・ボリュームが大事
・背筋ピーンで見た目を引き締めて
・表情筋を鍛える効果も。できるだけ笑顔で過ごそう!
157111140


シミ、シワ、くすみ…。いくつもあるお肌の悩みを隠したいからといって、ファンデーションを厚塗りしていませんか? 厚塗りは肌のみずみずしい印象を損なうだけでなく、ファンデーションが肌に入り込んで今まで目立たなかった小じわまで目立ってしまうことも。だからといって、大人の女性のノーメイクはNG。やぼったく、手抜きをしているように見えてしまいます。また、洋服はトレンドを取り入れたり年齢に合わせたスタイルを選んだりしているのに、メイクは20代の頃のまま…なんて人も意外と多いはず。でも、若い頃のメイクのままでは若作りに見えたり逆に老けた印象を与えたりしてしまいます。そこで、メイク法を手が覚えてしまっているアラフォー世代にぴったりなのが、テクニックはそのままでメイクツールで若返る方法。まず、メイクの肝となるのがベースメイク。特に大事なのがファンデーションの前に塗る、メイク下地です。最近は優秀な下地が豊富に揃っているので、美容系の雑誌や口コミサイトなどで自分に合いそうな商品を探すのも良いでしょう。肌色や肌質の補正効果が高い色付きの下地もオススメです。血色良く見せたいならピンク、黄ぐすみを抑えたいならブルー、シミを隠したいならオレンジなど肌の悩みに合わせた下地を選ぶことで、気になる肌の”あら”が目立たなくなり下地後のファンデーションも厚塗りせずに済みます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.