ビューティ情報『内ももシェイプアップに効果的! 「相撲スクワット」から確実に効果を得る方法』

2018年12月11日 11:00

内ももシェイプアップに効果的! 「相撲スクワット」から確実に効果を得る方法

内ももシェイプアップに効果的! 「相撲スクワット」から確実に効果を得る方法

一般的に知られるスクワットは、下半身の大きな筋肉のシェイプアップに効果的。例えば臀筋(でんきん)、ハムストリング、や大腿(だいたい)四頭筋など。でも、太ももと太ももの間に「隙間」を作る内ももシェイプアップに効果的なのは、「相撲スクワット」と呼ばれるものだとか。

その正しいやり方を、ニューヨークのジム 「Power Health and Performance」の運営者であり、認定ストレングス&コンディショニングのスペシャリストであるジョン・カラルコがアメリカ版ウィメンズヘルスにレクチャー!


そもそも、相撲スクワットってどうやるの?

足を腰幅よりも少し広く開いて立ち、つま先を45度外に向け、上半身を若干前かがみにする。息を吸いながら膝を曲げ、太ももが床と平行になるまで腰を落とす。息を吐き、かかとで踏ん張りながら体を押し上げ、スタートポジションに戻る。これで1回。理想はこれを8-15回繰り返すこと。体力に自信がある人は、体の前で腕を下に伸ばし、両手でダンベルかケトルベルを持って難易度をアップしてみるのもあり。

相撲スクワットのポイントは、スタンスの幅。カラルコいわく、狭すぎると内転筋やハムストリングに負荷がかからず、広すぎると腰を落としたときに股関節が動かなくなるのだとか。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.