ビューティ情報『【Editor’s Pick Up】コペルニクス級の美容大革命! 「インナーケアで潤い美肌」が現実に!?』

2019年2月5日 11:00

【Editor’s Pick Up】コペルニクス級の美容大革命! 「インナーケアで潤い美肌」が現実に!?

【Editor’s Pick Up】コペルニクス級の美容大革命! 「インナーケアで潤い美肌」が現実に!?

モデル・黒田エイミさんと俳優・三浦春馬さんが登場した、息を飲むようなアーティスティックで美しいCMに釘づけになった人も多かっただろう。オルビス ディフェンセラ。日本初の肌のトクホ(特定保健用食品)として発売したアイテムは、なんと肌の潤いにフォーカスした前代未聞の内容。美容の歴史上のエポックメイキングとなったアイテムに、ビューティーエディター歴23年のエディターSがこれまでのスキンケアの歴史を振り返りながら、その破格の実力をレビュー!


コスメとインナーケアの狭間で。悩ましい「保湿問題」のジレンマとは?

保湿という言葉で、何を連想するだろうか?濃密な化粧水。肌の芯まで届くような、画期的な美容液。肌サイエンスの粋を凝らしたクリーム。あるいはオーガニックな素材、アルミフリーなど肌にやさしい処方?

どれも根底にあるのは、「塗るコスメ」だということ。古代エジプト時代には人々は香油で肌を保護していた。1900年代に入るとコスメは急速な進化を遂げ、クリームや化粧水、美容液にマスクなど次々に新しい形状と成分のアイテムが登場する一方で、「塗る」という行為が変わることはなかった。

そして、保湿にまつわるひとつのジレンマが存在する。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.