ビューティ情報『時代を飾った美人を一挙総覧! 平成のビューティアイコン【セレブ編】』

2019年4月7日 11:00

時代を飾った美人を一挙総覧! 平成のビューティアイコン【セレブ編】

時代を飾った美人を一挙総覧! 平成のビューティアイコン【セレブ編】

新元号「令和」が発表され、いよいよ「平成」の終幕までカウントダウン。平成の31年間に、世界を賑わせ、日本女性に大きな影響を与えた美人アイコンを今一度拝むべく、1990年代スーパーモデルからキャサリン妃、カーダシアン家まで一挙プレイバック!


ダイアナ妃

princess-diana-wearing-a-victor-edelstein-evening-dress-to-news-photo-73850214-1554429900.jpg


Getty Images Princess Diana Archive

ダイアナ妃が2回目に来日したのが1990年11月。まさに平成のはじまり、日本女性たちはダイアナ妃に夢中になった! ルックスのみならず、慈善活動に力を注ぐ生き方や人生まるごと、今も多くの女性を魅了する。


シンディ・クロフォード

cindy-crawford-news-photo-82203876-1554429956.jpg


Getty Images Ron Galella

前髪を立ち上げた、ロングのウエーブヘアで、ゴージャスなルックが象徴的だったシンディ。当時、出演したレブロンの広告で、赤リップのブームを巻き起こした。いまでは娘カイア・ガーバーが早くもトップモデルの仲間入りを果たし、2018春夏の「ヴェルサーチ」のショーでは、母娘が初めて一緒にランウェイを闊歩したことも話題に。


ナオミ・キャンベル

photo-of-naomi-campbell-news-photo-85513524-1554430372.jpg


Getty Images Patrick Ford

同じく、スーパーモデルのナオミ・キャンベルは、1988年に黒人モデルとしては初めて仏版『ヴォーグ』の表紙を飾り、数々のデザイナーに愛された。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.