ビューティ情報『化粧をしたまま寝ると、肌はどれだけダメージを受けるの?』

2019年4月23日 10:56

化粧をしたまま寝ると、肌はどれだけダメージを受けるの?

化粧をしたまま寝ると、肌はどれだけダメージを受けるの?

仕事でクタクタだから、お酒を飲みすぎてしまったから……と化粧をしたまま寝てしまうと、誰もが後ろめたい気持ちになるのでは?「いつもは寝る前にスキンケアを徹底しているから大丈夫」と軽視するのはNG。いくら"たまに"とは言え、化粧をしたまま寝ると肌に深刻なダメージを与えかねないそう。アメリカ版ウィメンズヘルスは医師の見解を交えて、メイクによる肌へのダメージを徹底解説。

「化粧をしたまま寝る回数が増えれば増えるほど、肌へのダメージは蓄積されていきます」と説明するのは、ニューヨーク市のマウントサイナイ医療センターで皮膚科学の臨床学准教授を務めるジャネット・グラーフ医学博士。「肌は概日リズムに沿って機能しています。睡眠中の肌の最も重要な機能とは、皮膚細胞を再生することです。ファンデーションを塗ったままでは、細胞が再生されるプロセスの妨げとなり、肌にとって大きな負担になります」

普段はしっかり落としていたとしても、化粧をしたままうっかり寝てしまうようなことが多々あれば、肌は確実にダメージを受けてしまうとか。

軽いメイクでさえもNG?それぞれの化粧品によって、肌への影響に違いはあるの?グラーフ医学博士が、メイクによって肌がどのようなダメージを受けるかを解説してくれた。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.