ビューティ情報『平成をスポーツでプレイバック! 時代を彩ったアスリートギャラリー』

2019年4月30日 11:00

平成をスポーツでプレイバック! 時代を彩ったアスリートギャラリー

平成をスポーツでプレイバック! 時代を彩ったアスリートギャラリー

平成が幕を閉じるのももうすぐ。そこで、この31年間に日本のスポーツ界で話題になった面々を振り返るギャラリーをお届け。あなたが胸ときめかせたあの選手や、後ろ姿を追いかけたあのプレイヤーもいるかも?しばし懐かしい時間に浸ってみて。


平成元年(1989年)

01-1556184920.jpg


Aflo

3月、世界フィギュアスケート選手権で伊藤みどり選手が初優勝。世界で初めて3回転半ジャンプを決め、日本人として、アジア人として初めて世界チャンピオンになった。


平成2年(1990年)

02-1556184917.jpg


Aflo

5月場所に、貴花田が史上最年少の17歳8カ月で入幕。同年に遅れて入幕した兄の若花田とともに、「若貴フィーバー」が巻き起こってゆく。


平成3年(1991年)

03-1556184918.jpg


Aflo

ボクシングWBC世界バンタム級で辰吉丈一郎が王者に。平成デビューのボクサーとして、初の世界タイトル獲得となった。「浪速のジョー」としてお茶の間でも広く愛された。


平成4年(1992年)

04-1556184919.jpg


Aflo

14歳の岩崎恭子が、バルセロナオリンピックの200m平泳ぎで金メダルを獲得。これは競泳史上最年少だった。レース後「今まで生きてきたなかで、一番幸せです」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.