ビューティ情報『実は食べる日焼け止め?【管理栄養士がこっそり明かす】UVケアできる食材&NGな食べ方』

実は食べる日焼け止め?【管理栄養士がこっそり明かす】UVケアできる食材&NGな食べ方

日差しの強さを感じる今日この頃。真夏に向けてさらに強くなり、紫外線の影響が気になりますよね。「紫外線から肌を守る栄養素はある?」「ちゃんと栄養が摂れているかしら」などの疑問や不安を抱えていませんか?今回は、UVケアに役立つ栄養素や摂取の仕方をメーカーの食品開発担当者である管理栄養士にうかがいました。

UVケアに栄養は必須!でも誤った方法で摂取してるかも?

目次

・UVケアに栄養は必須!でも誤った方法で摂取してるかも?
・紫外線対策になる栄養素5選
・実は栄養素を十分に摂れていない!?やりがちな食事からのNG摂取法
・NG4.野菜不足を感じ、まとめて大量の野菜を食べる
・紫外線の肌への影響が気になる人向けの商品3選
・Information
実は食べる日焼け止め?【管理栄養士がこっそり明かす】UVケアできる食材&NGな食べ方


肌への紫外線ダメージは、将来のくすみやシミ、たるみにつながるといわれているので不安になりますよね。日焼け止めを塗るのはもちろん、インナーケアも重要。でも、食事やサプリメントからのUVケアに自信がない人もいるかもしれません。

今回は、UVケアに役立つ栄養素や食材と、栄養素を十分に取り入れられないNGな食べ方と正しい理想的な食べ方について、株式会社ユーグレナで各種サプリメントや食品の開発に携わる管理栄養士の相澤汐里さんにお話をうかがいました。


紫外線対策になる栄養素5選

まずは紫外線対策になる栄養素から押さえておきましょう。主な栄養素を5つ挙げていただきました。

1.ビタミンA・C・E
相澤さん紫外線を浴びると体内で活性酸素が増え、老化につながる酸化を進めさせてしまいますが、自身で処理しきれないほど増えると肌にも悪影響が出てしまいます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.