ビューティ情報『30代になってやめました! 女医が実践している「老け見え対策習慣」』

30代になってやめました! 女医が実践している「老け見え対策習慣」

30代に突入すると、20代の頃には感じなかった変化を肌や体に感じることが多くなります。特に女性は、自分がどのように見えているのか気になる人もいるでしょう。今回は、30代の女医である筆者が普段から行っている「老け見え対策習慣」についてご紹介します。この記事を参考に、心身共に若々しく健康的に過ごすためのヒントを見つけてくださいね。

30代女医が実践する「老け見え対策習慣」

まず、老け見えしやすい人にはどんな特徴があるのかをみていきましょう。外見でいうと、顔のツヤやハリが低下してきたり、くすみやたるみ、しわや肌の乾燥、ほうれい線やしみ、目の下のクマ、髪のパサつき、ボディラインの変化…などがあるでしょうか。

筆者は、老け見え対策はもちろん、自分の健康のために、いくつか普段から実践していることがあるのでご紹介していきたいと思います。

特に重視しているのが、「糖化ストレス」と「酸化ストレス」です。
老け見え対策をするなら、まずはこの2つに正しく対応するのがおすすめですよ。

糖化ストレスとの付き合い方

目次

・30代女医が実践する「老け見え対策習慣」
・おわりに

30代になってやめました! 女医が実践している「老け見え対策習慣」


まずは、糖化ストレスについてです。特に老化と関連していることが知られているものとして、AGEs(終末糖化産物)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.