ビューティ情報『実は生乾き臭の原因です… 部屋干しで「やってはいけないNGポイント」』

実は生乾き臭の原因です… 部屋干しで「やってはいけないNGポイント」

6月に入り、雨の日も増えてきましたね。汗や皮脂がつきやすい衣類は日光に当ててカラッと乾かしたいですが、雨が多い時期はどうしても室内に干すことが多くなりがちです。乾きが遅い、生乾き臭が気になるなど、部屋干しのお悩みはありませんか?実はそれ、間違った洗濯方法かもしれません…。今回は、クリンネスト1級の資格を持つ筆者が「部屋干しでついやりがちなNGポイント8つ」を解説いたします。

1:洗濯槽の中に洗濯物を溜める

目次

・1:洗濯槽の中に洗濯物を溜める
・2:洗濯物を洗濯機に詰め込みすぎ
・3:ニオイ対策のために洗剤を増やす
・4:すすぎにお風呂の残り湯を使う
・5:洗濯機のフタを閉めっぱなしにする
・6:洗濯機のメンテナンスを忘れている
・7:カーテンレールに洗濯物を干す
・8:じっくり時間をかけて部屋干しする
・おすすめの部屋干しスペースは、お風呂場
・まとめ
実は生乾き臭の原因です… 部屋干しで「やってはいけないNGポイント」

©のぞみ

暑い時期は、汗や皮脂が洋服に染み付きやすいですよね。しかし、汗で湿ったままの衣類を、洗濯槽に直接入れて保管するのはやめましょう。汚れた衣類を洗濯槽に入れて長時間放置すると、洗濯槽の中で雑菌が繁殖する可能性が高くなります。脱いだ衣類は、通気性のよいカゴや折りたたみ式のカゴに入れて保管するのがおすすめです。


2:洗濯物を洗濯機に詰め込みすぎ

梅雨時期は洗濯回数を減らしたくて、つい溜めてしまいがちではありませんか?1回の洗濯物の量が多すぎると十分な洗浄効果が期待できず、衣類に汚れが残ったままになってしまうかもしれません。6~7割の量に抑えて、たっぷりの水でしっかり洗ったほうが、洗濯物の生乾き臭対策になるでしょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.