ビューティ情報『「婦人科検診に行ってなければ…」 20代~30代で感じた「生理の変化」と生理痛が和らいだ方法』

2021年7月25日 20:00

「婦人科検診に行ってなければ…」 20代~30代で感じた「生理の変化」と生理痛が和らいだ方法

女性にとって欠かせない「生理」ですが、生理に関することは人に話したり相談しづらいですよね。また、みんなが同じ症状や悩みを持っているわけではないため、比較することも難しいもの。そこで今回は、エステティシャンである筆者が20代から30代になって感じた生理の変化と、自身の生理痛やPMSを受けて意識したことについてご紹介します。

年齢とともに感じた生理の変化と、情報を得て取り入れたこと

目次

・年齢とともに感じた生理の変化と、情報を得て取り入れたこと
・20代〜30代で感じた経血量や症状の変化は?
・生理痛やPMSに合わせて、20代・30代で変えたこと
「婦人科検診に行ってなければ…」 20代~30代で感じた「生理の変化」と生理痛が和らいだ方法


今回は、筆者が実際に年を取ることで感じた生理の変化や、様々な情報を取り入れたうえで意識していることについてご紹介します。

あくまでも経血量や症状に関しては個人差があるため、参考として読んでみてください。

20代〜30代で感じた経血量や症状の変化は?

生理に関して、あまり深く考えていなかった10代の頃
筆者に初めての生理が来たのは10代の頃。その頃から「量が多い」「生理前は食欲が増える」「生理前は不安やイライラなど気分が不安定になる」「お腹が痛い」「腰が重い」といった、いわゆる生理痛やPMSと呼ばれる症状がほとんど当てはまっていました。

10代の頃は「毎月やってきて約7日間続くもの」といった認識をしていて、「量もこれが普通」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.