ビューティ情報『アイラインはビューラー前に描いちゃダメ! 「自然なパッチリ目」が叶うアイラインのコツ』

2021年8月24日 19:30

アイラインはビューラー前に描いちゃダメ! 「自然なパッチリ目」が叶うアイラインのコツ

アイラインの引き方をちょっと変えるだけで、自然なぱっちりアイになります。逆に、アイラインがきちんと引けていないと、デカ目効果が出ないにとどまらず、ぼんやりボヤけた目元印象になりがちです。知っているようで知らない、アイラインの基本。基本を押さえれば簡単に応用できますよ。

基本のアイラインの引き方は3つのポイントを押さえて

基本のアイラインの引き方をマスターするだけで、イメージがグッと変わります。アラサーは、目元の輪郭がぼんやりし始める時期でもあるので、さり気なくフレームを強調すると良いでしょう。

押さえるポイントは3つだけ!

目次

・基本のアイラインの引き方は3つのポイントを押さえて
・老け見えしてない?やりがちNGアイライン
・応用も簡単!大人のキャットラインを楽しんで


アイラインはビューラー前に描いちゃダメ! 「自然なパッチリ目」が叶うアイラインのコツ


1.片手でまぶたを軽く持ち上げるようにしながら、まつ毛の隙間を埋めるよう、点を置くような感覚で細いラインを引いていきます。まつ毛の根元が太く見え、増毛したような錯覚効果も!

2.ラインは目のカーブに沿って引くと、しっかりフレームが強調されます。デカ目&引き締め効果がありますよ。

3.目頭部分までがっつりラインを引くと、パンダ目になりやすいうえ、ケバケバしい印象になってしまいがち。目頭側は4、5ミリ程度空けるようにして。奥二重や末広二重の方などは、まぶたがかぶさっている部分を空けるようにすると自然です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.