ビューティ情報『30年後には“おいしいコーヒー”が飲めなくなる…!? コーヒー「2050年問題」を解説します』

2021年10月1日 20:15

30年後には“おいしいコーヒー”が飲めなくなる…!? コーヒー「2050年問題」を解説します

仕事中やカフェで友人と会話するときなど、さまざまなシーンでコーヒーを楽しむ人も多いでしょう。最近はリモートワーク中にコーヒーを飲む人も増え、もはや生活の一部だという人もいるかもしれませんね。そんな中、実は今後コーヒーの生産が危機を迎えると言われています。一体コーヒーの生産活動に何が起きているのか、スターバックスが開催した勉強会の内容をもとに紹介します。

コーヒーの年間消費量はどれくらい?

目次

・コーヒーの年間消費量はどれくらい?
・コーヒーの未来を揺るがす「2050年問題」とは
・2050年問題に対するスタバの取り組み
・コーヒーを守るために人々ができること
30年後には“おいしいコーヒー”が飲めなくなる…!? コーヒー「2050年問題」を解説します


人々の生活に深く根付いているコーヒー。みなさんは、1年間にコーヒーがどれほど消費されていると思いますか?

実は、世界において年間5,000億杯ものコーヒーが消費されているんです(※1)。コーヒー消費量が世界で4番目に多い日本は、1週間に1人当たり11.53杯飲まれていると試算するデータもあります(※2)。

現在でも多くの量が消費されているコーヒーですが、今後はコーヒーへの需要が3倍になるという見通しもあるのだとか(※3)。なお、今までコーヒーがあまり飲まれなかった地域で、カフェができたりコーヒーを飲用する文化が生まれたりすることが消費量が増える要因だと言われています。

※1 Starbucks Coffee Academyの調査
※2 全日本コーヒー協会,2020の調査
※3 全日本コーヒー協会,2020の調査


関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.