ビューティ情報『洗顔後にすると見違える! 皮膚科医が教える「ツヤ肌になるスキンケアのコツ」と優秀ブースター3選』

2021年10月31日 19:00

洗顔後にすると見違える! 皮膚科医が教える「ツヤ肌になるスキンケアのコツ」と優秀ブースター3選

乾燥しやすい季節となり、毎日のスキンケアで美容液などが肌に入りにくいと感じていませんか?それは過去に浴びた紫外線ダメージが影響しているのかも。皮膚科医が勧めるブースターの使い方と、新作から定番まで注目を集める資生堂・花王・BONOTOXの商品もご紹介します。

肌に化粧水・美容液が入りにくいのは光老化が原因かも…

目次

・肌に化粧水・美容液が入りにくいのは光老化が原因かも…
・スキンケアの一番最初にブースターを「3回に分けて」なじませる
・スキンケアのファーストステップに!注目のブースター3選
・Information
洗顔後にすると見違える! 皮膚科医が教える「ツヤ肌になるスキンケアのコツ」と優秀ブースター3選


スキンケアのとき、化粧水や美容液が肌に入りにくく、もう少し潤いたい。乾燥が気になる今の時期、そんな思いを抱いていませんか?

資生堂ジャパン株式会社が2020年12月、20歳~60歳の女性559人を対象に実施した「過去から現在にかけての紫外線との関わりと現在の肌状態の実感」に関する調査によると、過去に、紫外線を多く浴びてしまった女性ほど、現在の肌の衰えの実感や、「肌にいい成分が入っていかない」という実感を持っていることがわかりました。

この結果を受けて、皮膚科医の日比野佐和子先生は、過去の日焼け経験によって現在の肌の衰え実感に差があるのは、紫外線による「光老化」の度合いの差が一因だと推察できるといいます。

「すでに浴びてしまった紫外線ダメージは、もう手遅れなの?」と不安になった人もいるかもしれませんが、日比野先生は、あきらめずにケアすることで、ある程度リカバーできる可能性が高いといいます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.