ビューティ情報『やめて正解! プロが実際に詰め込んで失敗した「引き出しのNG収納」』

2022年1月22日 20:45

やめて正解! プロが実際に詰め込んで失敗した「引き出しのNG収納」

キッチンやリビングチェストの引き出し収納。閉めてしまうと一見スッキリしているようですが、開けてみると「イマイチわかりにくい」「いざというときに探し物が多い」など、実は使い方に悩んでいる人も多いのではないでしょうか?使用頻度や目的別に配置を工夫することで、引き出し収納の整理整頓はグンとしやすくなります。そこで今回は整理収納アドバイザーである筆者が、失敗しやすいカトラリーと薬の引き出し収納のNG例と、工夫のポイントをご紹介します。

NG収納1.アイテムを“カテゴリーごと”にまとめる

カトラリーの引き出し収納の中には、スプーンやフォーク、箸、箸おきなど、たくさんの種類が収められています。

突然ですが、家のスプーンの数が何本あるか、すぐにわかりますか?ティースプーン、デザートスプーン、スープスプーン、テーブルスプーン、子ども用スプーン、木製のスプーンなど、スプーンだけでもさまざまな種類や大きさがあり、量の多さに驚く人もいるでしょう。それらをそれぞれ家族分の数を揃えて置くとなると大変です。

「スプーン」というカテゴリーでまとめて一つのスペースに置いておくだけでは、いざ使うときにガチャガチャと掘り出しながら探すことになり、とても手間がかかってしまいますよね。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.