ビューティ情報『ベタつかないのに高保湿! 繊維工場スタッフの手荒れ予防に開発された「手肌の保湿液」』

2022年3月13日 17:10

ベタつかないのに高保湿! 繊維工場スタッフの手荒れ予防に開発された「手肌の保湿液」

本当にいいものに出合えば、カラダの不調はきっと解消できるはず。編集部が実際に試して選んだこだわりのアイテムを紹介する「ananカラダにいいものカタログ」。今回は「日東紡の保湿水」に注目!

日東紡の保湿水

ベタつかないのに高保湿! 繊維工場スタッフの手荒れ予防に開発された「手肌の保湿液」


¥814*編集部調べ(200ml)

素材メーカーが考案しました!ベタつかない手肌の保湿液。
手指の消毒に明け暮れる今、手荒れ予防は最重要課題です。こまめな保湿がマストですが、ベタつくタイプはPC作業などに差し支えあり。そこでおすすめしたいのが、繊維工場の縫製スタッフの手荒れ予防に開発されたアイテム。オイルフリーでベタつかず、サラッとしつつもしっとりが叶います。時と場所を選ばずに使える、無臭なのも高ポイントです。

たっぷり容量があって使いやすく、頻繁な保湿が可能。(31歳・スタイリスト)
しっとりさっぱりが快適で、デスクとキッチンに常備。(32歳・広告)

オイルフリーだから、ベタベタしないのに、しっかり保湿。
ヒアルロン酸配合、無色無臭、ジェルタイプ

開発したのは、素材メーカーの「日東紡」。
ベタつかないのに高保湿! 繊維工場スタッフの手荒れ予防に開発された「手肌の保湿液」


Q、どうして素材メーカーが手肌の「保湿水」を作ったの?
A、日東紡のロングセラーのふきんを縫製するスタッフは、長時間の縫製作業で手の脂分が減少し、手荒れが悩みの種に。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.