ビューティ情報『「寒くて布団から出られない…」 起床時の最適な“気温”やすっきり目覚める方法を医師が解説!』

2021年1月21日 20:00

「寒くて布団から出られない…」 起床時の最適な“気温”やすっきり目覚める方法を医師が解説!

文/Ayumi

昨年以上に寒い日が続く今年の冬。朝起きにくい、布団から出たくないと感じる方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな冬を快適・健康的に過ごすためのポイントや気を付けておきたいことについて、日本医師会に所属し、睡眠の専門家でもある坪田聡先生が解説します。
「寒くて布団から出られない…」 起床時の最適な“気温”やすっきり目覚める方法を医師が解説!


【専門家が解説】この冬を乗り切るための方法

1. 起床時は最低でも室温を16℃以上、起床1時間前に室温を20~22℃に暖めて
全国的に厳しい寒さが続きますが、気を付けたいのは室内と布団の中の気温差。坪田先生は「人間の体は就寝時に血圧が下がり、起床時に上がる」とし、特に冬は室内と布団の温度差で「さらに血圧が上がりやすくなる」と解説。また、日本建築学会の研究結果を踏まえながら「高齢の方や若くても高血圧の方は心筋梗塞や脳血管障害には注意が必要」と呼びかけます。

「寒くて布団から出られない…」 起床時の最適な“気温”やすっきり目覚める方法を医師が解説!


そこで大切なのは、起床時の布団の中と室内の温度差を少なくし、起きやすい環境を作ること。日本では、冬の起床時は“最低でも室温を16℃以上に保つ”ことが理想的であり、さらに信州大学の実験によると「起床1時間前に室温を20~22℃程度に暖めてから起床すると、日中の手足の皮膚温を冬でも高く保てる」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.