ビューティ情報『人生100年時代、コロナ禍で健康不安が強まっている!? 「100歳まで長生きしたいと思わない」65.3% 人や社会とのつながりが幸せのカギ? 』

2021年12月7日 11:00

人生100年時代、コロナ禍で健康不安が強まっている!? 「100歳まで長生きしたいと思わない」65.3% 人や社会とのつながりが幸せのカギ? 

背景としては、コロナ禍で「健康意識が変化した」という人が約6割もいることから、コロナ禍をきっかけに老後の健康不安をより強く感じるようになった人が少なくないことが推測されます。
また、「みんなが目指す100歳像」の回答では、「自立」「自分でできる」という言葉が頻出。「自分のことは自分で行い、少しでもだれかの役に立てたらいいな」(50代・フルタイム)のように、いくつになっても自ら体を動かし、日常生活を楽しみたいと思っている人が多いと言えるでしょう。

人生100年時代、コロナ禍で健康不安が強まっている!? 「100歳まで長生きしたいと思わない」65.3% 人や社会とのつながりが幸せのカギ? 

人生100年時代、コロナ禍で健康不安が強まっている!? 「100歳まで長生きしたいと思わない」65.3% 人や社会とのつながりが幸せのカギ? 


■ 人生100年時代は、人や社会とのつながりが幸せのカギに?
いっぽうで、「100歳まで長生きしたい」と回答した人が、幸せを感じるために重視していることベスト3は、1位「家族」79.1%、2位「健康」40.8%、3位「友人」37.2%。長生きしたくないと回答した人の集計結果と比べ、「家族」は9ポイント以上、「友人」は13ポイント以上高くなっています。また、60歳を過ぎても働きたいという人も60.4%に上り、「76歳以上(生涯現役)」も14.5%いました。働きたい理由としては、経済的な安定を求めつつも、「年齢を問わず、同僚と交流していたい」

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.