ビューティ情報『紙巻きたばこ利用者の89.4%がたばこの販売価格について「高い」または「とても高い」と回答』

2021年12月8日 16:15

紙巻きたばこ利用者の89.4%がたばこの販売価格について「高い」または「とても高い」と回答

月に2本ほど使用します。
消耗品であるコイルは2週間に1度交換が必要で、販売価格は5個入り1,500~2,000円程度。
安い銘柄を選択すれば月に5,000円ほどで喫煙を楽しむことができそうです。
紙巻きたばこは安価なもので1箱500円ほどで販売、1日1箱で計算すると月に15,000円ほどの費用となるので、電子たばこは喫煙費用を節約する面で選択肢に入りそうです。

一方で、電子たばこユーザーの43.6%は喫煙時に「紙巻きたばこほどの満足感を得られない・得られなさそう」と回答するアンケートもあり、喫煙者にとって重要視される「吸いごたえ」が電子たばこの弱点になりそうです。

ここまでの各種アンケートや調査の結果、従来の紙巻きたばこの喫煙感を好む人は、増税によるたばこの経済的な負担感を気にしながら喫煙するほかないようです。

【年間12万円節約、有害物質の抑止をしながら高い喫煙満足を得られるエコな第4のたばこ「HIMASU」】
2021年9月、紙巻きたばこを愛するユーザーにとって歓迎されるエコな「第4のたばこ」といえる製品があります。

新たな喫煙形式のたばこは「HIMASU 1 Be 3」で、従来の紙巻きたばこ1本の1/3または1/4部分を加熱して使用することができます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.