ビューティ情報『抗ウイルス作用のVBに新展開 VBの主成分による皮膚に対する抗老化作用を確認』

2021年12月17日 11:30

抗ウイルス作用のVBに新展開 VBの主成分による皮膚に対する抗老化作用を確認

「おしぼり」のレンタル・企画開発を手がけるFSX株式会社(所在地:東京都国立市泉1-12-3、代表取締役社長:藤波 克之、以下 FSX)は、抗ウイルス・抗菌活性を有する『VB(ブイビー)』の主成分である2つのポリ酸(VB2/VB3=VB化合物)の高い適応性と汎用性を追求するため、皮膚に対する抗老化作用の検証を行いました。藤波克之が筆頭著者である共著論文『ポリオキソメタレートによる皮膚抗老化作用』が、MDPI社(スイス バーゼル)の学術誌『Applied Sciences』に採択されましたのでお知らせいたします。

FSXでは2012年に、遷移金属元素の酸化物クラスターであるポリオキソメタレート(ポリ酸)を主成分とした、耐性株を誘導しない安心安全な抗菌・抗ウイルス活性物質『VB(特許第6739772号)』の開発に成功し、その技術を衛生用品のおしぼりに応用してまいりました。感染性ウイルスの流行により、抗ウイルス技術が注目されるなか、ポリ酸は抗ウイルス作用にとどまらず、人の健康に資する皮膚への抗老化作用が期待できる物質であることが、本研究により強く示唆されました。
ポストコロナ時代を見据え、FSXでは引き続き『VB』の生活環境への適応を目的とした応用研究を深め、ヘルスサイエンス領域における新しい事業展開や製品開発を通じて、おしぼりの価値を高める持続的成長を目指してまいります。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.