ビューティ情報『SDGs時代“ファインバブル”のガイドラインが国際標準化 エミュール「ファインバブルシャワー」前年比売上340%を達成!』

2021年12月24日 10:00

SDGs時代“ファインバブル”のガイドラインが国際標準化 エミュール「ファインバブルシャワー」前年比売上340%を達成!

SDGs時代“ファインバブル”のガイドラインが国際標準化 エミュール「ファインバブルシャワー」前年比売上340%を達成!

毛穴とファインバブル

※2021年4月27日 経済産業省 「ファインバブル応用技術の持続可能な開発目標(SDGs)への貢献評価を示したガイドラインが国際標準化」
https://www.meti.go.jp/press/2021/04/20210427002/20210427002.html

■株式会社塩の「ウルトラファインバブル」について
近年は洗濯機、トイレ洗浄、農業分野など、ファインバブルの利用領域が広がっており、例えば洗剤が不要になったり、体臭が軽減されたり、汚染された水を浄化したりなど、様々な効果が期待されています。
これらファインバブルの効果やそれに対する理論を解明するため、株式会社塩(シオ)では、東京都立大学 システムデザイン学部 機械システム工学科 流体工学研究室の小方 聡 准教授とともに、実証実験を進めています。

株式会社塩のウルトラファインバブル生成器「SIO」は、一般的な粒子のサイズよりも、さらに微細な0.1μm(100nm)以下のウルトラファインバブルが40℃で3億個以上と、大量に生成され、工作機械の洗浄、冷却、皮脂や汚れ、シャンプーのすすぎ残しの解消など、様々な効果を発揮します。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.