ビューティ情報『国内初*、精子バンク利用による非配偶者間体外受精・顕微授精(IVF-D)を開始』

2022年1月14日 11:00

国内初*、精子バンク利用による非配偶者間体外受精・顕微授精(IVF-D)を開始

不妊治療専門クリニックである はらメディカルクリニック(東京都渋谷区、院長:宮崎 薫、以下 当院)は、2022年1月17日(月)、提供精子による生殖補助医療において、自院クリニック内精子バンク、並びに国内外の精子バンクと連携し、非配偶者間体外受精・顕微授精(IVF-D)を開始いたします。精子バンクを利用した非配偶者間体外受精・顕微授精の提供は、国内初*となります。また、生まれてくる子どもの出自を知る権利を保全するため、非匿名の精子提供者の一般募集も同時に開始いたします。
*当院調べ

■詳細はこちら
https://www.haramedical.or.jp/content/provision/aid-ivf-d

■非配偶者間体外受精・顕微授精(IVF-D)を開始する理由
夫が無精子症などの絶対的男性不妊の場合に行う提供精子による生殖補助医療は、日本産科婦人科学会の会告のもと、人工授精(以下、AID)のみが行われてきました。しかし、AIDは、1回当たりの妊娠率は4.3%(※1)と低く最善の策とはいえませんでした。そのため、妊娠率の高い(※2)体外受精・顕微授精(以下、IVF-D)を行うため、患者は海外で治療を受けるなど、負担の高い方法をとるしかありませんでした。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.