子育て情報『春夏生まれは布団不要!そのワケは【3児ママ小児科医のラクになる育児】』

2019年6月23日 16:35

春夏生まれは布団不要!そのワケは【3児ママ小児科医のラクになる育児】

目次

・赤ちゃんの布団で最適なものは?
・結局は「スリーパー」が良い
・ベビー布団をおすすめしない理由
・高い買い物は本当に使うか検討して
赤ちゃんの布団のイメージ


東京衛生病院小児科の保田典子です。私生活では7歳5歳3歳の子育て中!第2回目のコラムは赤ちゃんを産む前にそろえる準備用品に必ず入っている「ベビー布団」。私はあまり買う必要はないと思っています。その理由について解説したいと思います。

赤ちゃんの布団で最適なものは?

独身時代から新生児のケアを見てきたので、

私は「赤ちゃんの布団はバスタオル」って思っていました。

こんな感じ。

赤ちゃんの布団のイメージ


バスタオル、汚れてもどんどん洗えて
たくさん買っても後々も使えるし
とても便利ですよ。

そうして第1子(4月生まれ)の新生児育児は
使ってない大人用のマットレスを折りたたんで
防水シートの上にバスタオルを敷いて
赤ちゃん用のベッドにしていました。

結局は「スリーパー」が良い

赤ちゃんによりますが、

小さくて弱々しい新生児期(生後1月まで)を超えたら、

今度は布団を蹴ってしまうようになります。

せっかく買った布団も、
かけてもかけても取ってしまいます。

でも、それが赤ちゃんなのです。

赤ちゃんには布団をかけても無駄ですし、
寒くなってしまうのが心配なら、
「赤ちゃん自身に着込んでもらう」しかありません。

つまり、スリーパーをする方が親もラクだし、
赤ちゃんも安定した環境で眠れます。

ベビー布団をおすすめしない理由

吐いたり汗が多い赤ちゃんに、

羽毛布団はあまり向きません。

3人目は12月生まれだったので、
ベビーベッドレンタル時に、一緒にベビー布団を3カ月ほどレンタルしましたが、
結局2枚付いていた羽毛かけ布団のうち、1枚は使いませんでした。
(バスタオルの上に羽毛布団かけました)

高い買い物は本当に使うか検討して

なので、特に、4〜8月生まれの赤ちゃんは
あまりベビー布団を気合い入れて買わなくて大丈夫ですよ。

寒くなる頃には
寝返りでフレームアウトするか
足で蹴って布団の意味をなさなくなります(笑)!

長い期間、同じベビーベッドに寝かせる
欧米スタイルの育児をする予定なら買ってもいいかもしれません。
(それでもバスタオルと綿毛布とおくるみくらいの方が管理しやすいかも…と私は思います)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.