子育て情報『お家でできる!赤ちゃんに肌トラブルがあるときの対応方法』

お家でできる!赤ちゃんに肌トラブルがあるときの対応方法

目次

・気を付けるポイントは何?
・受診の目安とは?
・どんな病気が考えられる?
・お家でできるケア方法
・1.肌を清潔に保つ
・2.赤ちゃんの爪をこまめに切る
・3.かゆがるときは冷やす
赤ちゃんの肌トラブルのイメージ


こんにちは、保育士の中田馨です。赤ちゃんの肌はちょっとした刺激でトラブルが起きることがあります。乾燥しているだけなのか、それとも他に原因があるのかはママが見ただけでは判断がつきにくいこともあります。

今回は、赤ちゃんに肌トラブルがあるときに気を付けるポイントとお家でできるケアなどを話します。

気を付けるポイントは何?

赤ちゃんが大人に比べて肌トラブルが起きやすいのは、大人よりも皮膚が薄いことと、皮脂の分泌が少なくバリア機能が未熟という理由があります。ですので、汗や汚れ、排尿、排便などの刺激に反応してトラブルになりやすいのです。

赤ちゃんの肌のトラブルには、例えば、発疹やあせもの時もありますし、熱から出るものや別の病気から出るものもあります。ひとことで発疹と言ってもいろいろな原因があることを知っておきましょう。

症状によって対応が違いますので、発疹が出たら以下を確認します。

・発疹が出ている体の部分
・形
・色
・かゆみの有無

その上で受診を検討します。

受診の目安とは?

「これは病院に行くべきか、そうではないものか」と迷うことがあると思います。発疹が少なく、赤ちゃんも機嫌よく過ごしている場合は、急いで受診しなくても大丈夫。

ただ、下記の症状が見られる場合には受診しましょう。

・熱がある
・咳、鼻水がある
・食事を食べた後に出た
・発疹が増える
・痒がる
・痛がる
・機嫌が悪い

どんな病気が考えられる?

赤ちゃんによくある肌トラブルの病気を紹介します。

【あせも】
汗腺の出口が、汗などでふさがって皮膚の中で炎症を起こします。頭、首、手足首、脇の下、背中などの汗がたまりやすい場所にできます。

【おむつかぶれ】
おしっこやうんちによる刺激や、おむつが蒸れることによりおしりが炎症を起こします。おしっこをするたびに痛がることもあります。

そのほか、生後2カ月ごろまでの赤ちゃんの顔や体に出る乳児湿疹や、おむつかぶれと間違われやすいカンジダ皮膚炎、高熱が3~4日続き、熱が引いたら発疹が現れる突発性発疹、とびひ・水いぼ・食物アレルギーなど、赤ちゃんの肌トラブルとなる病気はたくさんあります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.