子育て情報『3人とも全然違った! 手足口病で出たそれぞれの症状【ママの体験談】』

2019年9月1日 19:05

3人とも全然違った! 手足口病で出たそれぞれの症状【ママの体験談】

目次

・長女は2歳のときに発症
・次女は発疹が口の中だけ
・長男は手足の発疹がひどかった
手足口病のイメージ


わが家には3人の子どもがおり、それぞれ異なるタイミングで手足口病にかかりました。同じ手足口病でもその症状はさまざまで、見分けるのが難しかったです。今回は3人の子どもに出たそれぞれの症状をお伝えします。

長女は2歳のときに発症

2歳から保育園に通い始めた長女は、そのころからさまざまな病気をもらってくるようになりました。 長女の場合、夏の夜に何の前触れもなく38度以上の発熱。第一子だったこともあり、翌朝焦って病院に連れて行きました。しかし他に症状もなく、現段階では判断できないと言われ、解熱剤だけもらって帰宅。

すると、その翌日に熱が下がり始め、同時に口の中と手足に発疹が⋯⋯。再度小児科を受診し、「手足口病」と診断されました。 発疹が出てからは口の中が痛くて食欲も落ち、機嫌も悪かった記憶があります。

次女は発疹が口の中だけ

次女は3歳で発症。しかし発熱はなく、ある日突然食事の際に「口の中が痛い」と泣いたことで判明しました。 口の中を見てみると白いプツプツとした発疹が無数にできており、塩気や酸味がしみて痛いようでした。念のため小児科を受診すると、手足口病と診断が。口の中だけ発疹が出ることもあるのだと、そのとき初めて知りました。 その後も発熱や風邪症状はなく、口の中の発疹は自然治癒しました。

長男は手足の発疹がひどかった

長男は1歳で発症。土曜の夕方に急に39度程度の熱が出たのですが、ぐったりすることもなく元気そうだったため、焦らず自宅で様子を見ました。 すると、翌日の日中には平熱に。「何だったんだろう……?」と思っていると、手足に赤いブツブツを発見。第三子だったので、手足口病かな〜とピンときました。

そして口の中も口内炎のような発疹がたくさんできていました。 月曜の朝に受診して様子を伝えると、手足口病で確定との診断。長男の場合、手足の発疹が他の2人よりひどく、痛痒いようで掻いてしまい、とびひのようになってしまいました。そのため、塗り薬を処方してもらって塗っていました。

同じ手足口病でもその症状の出方はさまざまで、小児科の先生でも「う〜ん、たぶん手足口病でしょうね」と断定しきれない様子でした。ただし手足口病だとわかったとしても、特効薬はないようです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.