子育て情報『肉体的にも精神的にも疲れたときこそ児童館へ行く理由【体験談】』

2020年2月13日 16:35

肉体的にも精神的にも疲れたときこそ児童館へ行く理由【体験談】

目次

・おもちゃがたくさんある
・室内なので私が疲れない
・やらなきゃいけないことがない空間
・自分も他愛のない話をしたり愚痴ったりできる
・著者:小川恵子
児童館


子どもが1歳半を過ぎたころから好奇心旺盛になり、家のおもちゃで遊ぶだけでは満足してくれなくなりました。そして自我が芽生えて自己主張するようになったので、相手をする私が心身共に疲れてしまうことが増えました。疲れているとき、本当はどこにも行きたくないのですが、行かないと子どもが1日中グズグズしてしまうので、短時間でも児童館に行っています。今回はなぜ疲れたときこそ児童館なのか、私なりの理由をお伝えしたいと思います。

おもちゃがたくさんある

家のおもちゃは遊び飽きているためか、私が全力でおままごとやお絵かきに付き合わないと満足してくれません。ですが、児童館だと見慣れないおもちゃがたくさんあるので、子どもが機嫌よく、自分で遊んでくれます。

家だとテレビを見たい、お菓子を食べたいなどと言い出し、それを制限するのも大変。一方で児童館だと遊べる空間だからか、そのような要求が出てこないこともうれしいです。

室内なので私が疲れない

公園に遊びに行くのも良いのですが、疲れているときは暑かったり寒かったり日差しが強かったりすると、正直しんどいな⋯⋯と思ってしまいます。

その点、児童館であれば空調も効いていますし、雨が降っていても大丈夫。そのうえ、座って遊ぶことも可能なので公園よりも私自身の体が疲れません。

やらなきゃいけないことがない空間

家にいるとやらなくてはいけないことが目についてしまい、やらなくてはいけない家事があるのに子どもに邪魔されてできない……という状況にイライラしてしまいます。

そんなときは子どもと向き合うしかない空間に行き、子どもと遊んで機嫌を良くしてから家に帰って自分がやらなくてはいけないこと・やりたいことをやったほうがお互いイライラしません。うまくいけば、子どもが遊び疲れてお昼寝してくれるので、自分の時間を持つことができます。

自分も他愛のない話をしたり愚痴ったりできる

家に子どもとこもっていると大人との会話に飢えることがあるので、児童館に来ている他のママたちと何気ないやりとりをしていると私の心が晴れます。児童館にいるのは同じぐらいの歳の子どもがいるママさんたちなので、話題には事欠きません。

また、本当に悩んでいるときなどは児童館のスタッフが相談に乗ってくれるので、話を聞いてもらっています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.