子育て情報『もう一度おさらい! 母乳育児のメリットについて助産師が教えます!』

もう一度おさらい! 母乳育児のメリットについて助産師が教えます!

目次

・Q.母乳をたくさん飲まないとダメなのでしょうか?
・高塚あきこ助産師からの回答
・母乳育児のメリット
・母乳育児のデメリット
授乳


「気軽に専門家に質問ができて、さらに返信も早い」とママから日々感謝の声が寄せられているベビーカレンダーの人気コンテンツ【助産師に相談】の掲示板。その中から特に注目をあつめた質問の内容を一部抜粋してご紹介します。今回は母乳育児に関するご相談です。

Q.母乳をたくさん飲まないとダメなのでしょうか?

生後51日目の男の子のママです。

現在、母乳寄りの混合栄養で育てています。10回ほどの母乳と1日3~4回、トータル250~350mlほど育児用ミルクを足しています。

おっぱいを搾ると射乳や母乳が滴ることがありますが、出てこないときもあります。

母乳育児のメリットは理解しています。なので、母乳量がもう少し増えたらいいなとも思います。あまり出てないとしても、母乳を少し飲んだだけでも、言われているような母乳の効果を赤ちゃんは得られているのでしょうか? たくさん飲まないと母乳の効果はないですか?

高塚あきこ助産師からの回答

おっぱいは、お子さんの免疫獲得に効果があると言われていますよね。おっぱいが少ししかあげられない場合であっても、おっぱいの免疫はしっかりお子さんにあげることができていますよ。完全ミルク育児の場合でも、お子さんとたくさんスキンシップをなさることで、免疫をあげることができると言われています。

ですので、おっぱいは少量であっても、お子さんにはとても大切なものになりますので、可能な限りは飲ませてあげてくださいね。また、お子さんとたくさんスキンシップをなさることも大切ですので、合わせてなさるといいかもしれませんね。

※参考:ベビーカレンダー「助産師に相談」コーナー

※診断や具体的な治療については医師の指示にしたがってください

母乳育児のメリット

ママのメリット
・子宮の回復がよい
・産後のダイエットにもなる
・子どもとの触れ合いの機会が多くなる
・ラク
・経済的
・授乳中は避妊率が高い
・月経のない期間が長い
・閉経前の乳がん、卵巣がん、子宮体がんのリスクが低下する
・骨粗しょう症を予防する
・妊娠糖尿病から糖尿病に移行するリスクを減少させるなど

赤ちゃんのメリット
・赤ちゃんに必要な栄養成分が含まれている
・消化・吸収がよい
・善玉菌(ビフィズス菌)が多くなる
・免疫物質が多く含まれている
・突然死の確率が低くなる
・小児糖尿病・小児がん・中耳炎の危険が少なくなるなど

母乳育児のデメリット

母子ともにメリットが多い母乳育児ですが、その一方でデメリットもあります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.