子育て情報『まさか病気!?白米しか食べない…1歳児の偏食に悩む私を救ったできごと』

2020年2月5日 16:35

まさか病気!?白米しか食べない…1歳児の偏食に悩む私を救ったできごと

目次

・偏食は突然に…
・ストレスフルな食事の時間
・食事の時間をラクにしたきっかけの言葉
・楽しくてラクな食事の時間、そして…
・著者:藤原 にじ
食事中の子ども


なぜか突然、当時1歳になったばかりの次女が偏食になりました。栄養面が心配だったので、食事を工夫するもうまくいかず、やがてそれが強いストレスになっていきました。偏食の娘との食事の時間をいかに楽しくラクにするか? それは考え方ひとつだった! と気づくことができたときのエピソードをお伝えします。

偏食は突然に…

あれは忘れもしない次女が1歳の誕生日を迎えた翌日のことです。突然、次女が白米しか食べなくなったのです。それまでは、生後6カ月から離乳食を始め、野菜、肉、魚、フルーツを食べて順調だったのに……。

長女も少し偏食になった時期もありましたが、白米のみになったことはありません。それまでもりもり食べていたのに白米以外一切食べなくなり、「なんで急に食べなくなったの? もしかして何かの病気!?」と、不安と焦りの気持ちでいっぱいでした。

ストレスフルな食事の時間

なんとか白米以外のものを食べてもらうため、野菜を細かく刻んで白米に混ぜたり、かわいい盛り付けをしたり、環境を変えてピクニックへ行って外で食べるなどの工夫をしましたが、結果は惨敗! 次女は断固として白米しか食べてくれませんでした。

食事のメニューに悩み、せっかく時間をかけて作ったごはんを食べてくれないことが1日3回。次女の栄養面も心配でしたし、これがいつまで続くのかと不安といらだちで食事の時間がストレスフルでした。

食事の時間をラクにしたきっかけの言葉

ある日スーパーのレジでお会計をしているとき、50代前後の女性に「夕飯は何を作るの?」と笑顔で声をかけられました。私は食事に関してとても悩んでいたので、つい「子どもが白米しか食べなくて夕飯に何を作るか悩んでいるの」と少し愚痴をこぼしました。

すると女性は「白米だけでいいなんてすごくラクじゃない! あなたラッキーね」と返答! 私は次女の偏食がラッキーだなんて思ったことがないので、驚きました。この言葉がきっかけで、とても心がラクになりました。

楽しくてラクな食事の時間、そして…

この日から白米だけでいいなんてラッキーだと思うことにしました。次女以外の家族の食事は作り、次女には白米だけで、もし他のごはんを欲しがったらそのときに与えよう! そう決めてからは食事の時間が恐怖ではなくなりました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.