子育て情報『気付かなくてごめんね…子どもにカメムシの体液が付いてしまい…!?』

2019年12月1日 14:35

気付かなくてごめんね…子どもにカメムシの体液が付いてしまい…!?

目次

・ベランダに現れるわが家の天敵 “カメムシ”!
・服を着せたら突然の号泣!
・カメムシの体液には毒がある!?
・1年経った今でも跡は消えず……
カメムシ


一般的に春先と晩秋〜初冬にかけて現れる、嫌~な臭いを出すカメムシ。カメムシが出す嫌~な臭いには、皮膚炎を引き起こす場合があるようで、わが家の次男に悲劇が起きてしまいました……。

ベランダに現れるわが家の天敵 “カメムシ”!

私が住んでいる地域は山が多く、家のすぐ隣には山があります。そのためか、秋の終わりから冬の初めごろになると、家のベランダによくカメムシがやってきます。カメムシにはさまざまな種類がいるそうですが、わが家に現れるのは“クサギカメムシ”という種類。茶色くて、五角形のような形をしています。

外干ししている洗濯物にくっついていることがしばしばあるため、秋ごろからは洗濯物を徹底的に確認します。しかし1匹見落としてしまい、生後6カ月だった次男の服に潜んでいたことがあったのです。

服を着せたら突然の号泣!

生後6カ月だった次男の入浴を済ませ、夫に次男の着替えなどをお願いし、自分の入浴を済ませていました。すると次男の大きな泣き声が聞こえ、慌てて浴室から駆けつけると、ふと次男からカメムシの臭いが。

まさかと思い、次男の服を脱がせたところ、服の中から1匹のカメムシが出てきました。服の太ももあたりに潜伏していたようで、次男の太ももを見ると、直径2cmほどの範囲が内出血のようになっていました。まさにその部分から、カメムシの臭いがするのです。

カメムシの体液には毒がある!?

慌てて夫とカメムシについて調べると、カメムシの出す臭いの正体は体液だそうで、その体液には有害物質が含まれているそうです。特にクサギカメムシの体液は皮膚炎を起こすこともあるらしく、その際には皮膚に激痛が走るのだそうです。

慌てて次男の太ももを洗い流し、家にあった軟膏を塗り、濡れタオルで冷やすという応急処置をしました。その後は次男も落ち着いたので一晩そのままで過ごし、翌日に小児科へ行きました。

1年経った今でも跡は消えず……

カメムシの体液が付着した部分


翌日に小児科を受診して、軟膏を処方してもらいました。内出血のように真っ赤になってしまった箇所は、1週間ほど経つと紫色に変色し、そのまま赤茶色に変色してしまいました。

そして1年経った今でも、茶色く変色したままです。子どもの服だけでも、もっと念入りに確認しておけばと後悔しました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.