子育て情報『大変かと思ったけれど…意外と楽しかった!4児ママの布おむつ育児体験談』

大変かと思ったけれど…意外と楽しかった!4児ママの布おむつ育児体験談

目次

・布おむつのメリット
・布おむつのデメリットと解決方法
・要らない布でおむつカバーも手作り!
・著者:小林まり
意外と楽しい!4児ママの「布おむつ育児」体験談


「大変そう」「自然派育児にこだわる人のやること」というイメージがあった布おむつですが、やってみたら意外と大変じゃないし紙おむつよりもラクなときもありました。 子ども4人とも布おむつを使って育てている私の体験談をお話しします。

布おむつのメリット

布おむつのメリット


私にとっての布おむつのメリットは、なんといってもゴミが少ないことです。新生児はおむつ替えが頻繁で、1日に20回くらい。すぐにゴミ箱がいっぱいになってしまうのがストレスでした。布おむつを1日に3枚でもいいから使うとその分ゴミが減らせます。

洗濯物は増えますが、干してあるおむつを見ると「今日もこの枚数の分だけ子どもに向き合ったんだな」と自信がわいてきました。また、布おむつカバーはいろいろな柄があって楽しめ、スナップボタンでサイズ調整ができるフリーサイズの布おむつカバーだと、2歳差のきょうだいでも同じものを使えて経済的でした。

布おむつのデメリットと解決方法

デメリットは洗濯しなければならないことです。洗濯機で洗うのですが、予洗いはしています。とりあえず洗面所に置いてあとでまとめて洗うときもあれば、おむつ替えの都度洗うときもありました。

最初はうんち汚れが大変なのではと思っていたのですが、布を中に1枚敷いておき、ひどく汚れたら捨ててしまうことで洗濯の手間もカット。離乳食が始まってうんちが固くなってくると、トイレで流すときに紙おむつよりもきれいにとれるということもわかりました。また、就寝時や翌日が雨の日は紙おむつを使用することで無理せず布おむつを続けることができました。

要らない布でおむつカバーも手作り!

要らない布でおむつカバーも手作り!


布おむつは経済的と言われますが、布おむつカバーは意外と高いです。そこで私は型紙だけ入手して、要らない布でおむつカバーを自作していました。ハイハイが始まったらサイドを開閉できるパンツタイプの布おむつカバーが大活躍。おしっこだけならズボンを全部脱がす必要もなく、濡れたおむつだけサッと取り替えれば良いので紙おむつよりラクでした。

うんちのときにはサイドのスナップボタンでおむつカバーを外すことができるため、洋服を汚す心配もありませんでした。すぐにサイズアウトしてしまうのでお金をなるべくかけず自分の好みのものができるというのはよかったです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.