子育て情報『19歳で妊娠、彼の親は猛反対「子どもを諦めろ」は言われ…【体験談】』

19歳で妊娠、彼の親は猛反対「子どもを諦めろ」は言われ…【体験談】

目次

・予定外の妊娠に私の心はちぎれそうに…
・彼の親は猛反対! バッシングに同居の強要
・お金がないって本当につらい
・若いというだけで浮いてしまうことも…
・著者:菅田ゆうり
妊娠検査薬


私は高校卒業後、専門学校に通うために地方の学校へ進学しました。そして専門学生2年目にしてまさかの妊娠が判明しました。当時の私は19歳です。驚くほど若い妊娠……というわけではありませんが、いろいろと葛藤も多かった出産までの体験談をお伝えします。

予定外の妊娠に私の心はちぎれそうに…

当時、私は専門学校に通いながらアルバイトに勤しんでいました。そのとき付き合っていた彼(今の夫)とは親公認の半同棲生活でした。もちろん性生活もあり、一度だけ避妊に失敗したことがあったのです。19歳の秋に、その一度の失敗によって妊娠が判明しました。

学校も残り1年だったため、なかったことにしてしまおうかという考えも頭によぎったのですが、彼と「どうにか頑張れる方法を考えてみよう」と話し合い、出産を決意したのです。

彼の親は猛反対! バッシングに同居の強要

私の親にはひと足先に報告を済ませ、学校は必ず卒業すること、資格も必ず取得することなどを約束し、同意を得ました。その一方で、彼の親は猛反対です。母親は妊娠を喜んでくれましたが、父親は違いました。

「子どもを諦めろ」「片親の奴とは結婚させない」「まだ未熟なのだから同居しなさい」と理不尽なことを言われ続け、私の心は崩壊寸前でした。でもその後、彼が父親を何度も説得し、結婚・出産を許してもらったのです。それは、19歳という若さゆえの反対だったのだと思います。

お金がないって本当につらい

結婚してからは同居の提案を振り切り、安いアパートに2人で暮らしました。それから夫の立ち会いのもと、無事に元気な男の子を出産。それからの生活は幸せでしたが、お金がないことが本当につらかったです。当時20歳同士の夫婦がそこまで稼げるわけもなく、私の学生時代のバイト代の貯えを削りながら節約生活に明け暮れていました。

子どもにかわいい赤ちゃんブランドの服やおもちゃを買ってあげたかったのですが、とりあえず安くてかわいいもので我慢する生活に、泣いてしまう日もありました。でも、出産を後悔する日は1日もなかったというのが私の本音です。それだけわが子に愛情を感じていたし、これから頑張ろうという気持ちになれました。そして、しばらくしてから私は復学し、無事国家資格を取得することができたのです。

若いというだけで浮いてしまうことも…

出産から3年後、仕事にも子育てにもやりがいを感じていました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.