子育て情報『帝王切開がまるわかり!【1】そもそも帝王切開って?どんなときになる?』

帝王切開がまるわかり!【1】そもそも帝王切開って?どんなときになる?

目次

・そもそも帝王切開って?
・予定帝王切開になるケースって? 【ママ側の要因】
・予定帝王切開になるケースって? 【赤ちゃん側の要因】
・緊急帝王切開になるケースって?
・関連動画出産ドキュメンタリー
帝王切開がまるわかり!【1】そもそも帝王切開って?どんなときになる?


こんにちは! 助産師のREIKOです。近年、帝王切開での出産の割合が増加しています。主な理由として高齢妊娠や不妊治療による多胎妊娠が増加しているためです。お産の流れ同様、帝王切開の流れってイメージしにくいですよね。そこで、今回からシリーズで帝王切開のお話をしたいと思います。

そもそも帝王切開って?

帝王切開は、お産の際にママのおなかにメスを入れて、赤ちゃんを直接取り出すお産の方法です。

どうして「帝王」切開といわれているのか、ちょっと不思議ですよね。ローマの皇帝、ジュリアス・シーザーが帝王切開で生まれたから、ドイツ語を日本語に訳す際に間違って訳されたなど、いろいろな説があるようです。

帝王切開には、あらかじめ手術の日程を決めておこなう「予定帝王切開」と、ママや赤ちゃんの状態が悪くなったり、お産の経過中に自然分娩が難しいと判断された場合など、お産を急がなければならないときにおこなわれる「緊急帝王切開」とがあります。

予定帝王切開になるケースって? 【ママ側の要因】

予定帝王切開になるケースで最初に思い浮かぶのは、逆子ちゃんのケースでしょうか? ほかにも帝王切開になるケースはいろいろあります。

◆前のお産が帝王切開だった場合

◆子宮筋腫など子宮の手術をしたことがある場合
このようなケースは、陣痛で子宮の壁にストレスがかかり、子宮破裂のリスクがあるため、帝王切開が選択されます。

◆前置胎盤の場合
胎盤が子宮の入り口にかかっている状態のため、経腟分娩(ママの産道を通って赤ちゃんが生まれてくるお産)はできません。

◆児頭骨盤不均衡の場合
赤ちゃんの頭に対してママの骨盤の大きさが小さいため、赤ちゃんが下りてこられません。

◆感染症がある場合
ママが性器ヘルペスやHIV(ヒト免疫不全ウイルス)など、赤ちゃんが産道を通ってくることで感染するリスクが高いケースは帝王切開が選択されます。

◆そのほかの合併症
ママが心疾患など合併していて、帝王切開の方が安全と判断される場合もあります。

予定帝王切開になるケースって? 【赤ちゃん側の要因】

ママ側の要因だけでなく、赤ちゃん側の要因で予定帝王切開になるケースもあります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.