子育て情報『保育器越しの赤ちゃんを見て涙… 2,280gの低出生体重児で生まれて』

保育器越しの赤ちゃんを見て涙… 2,280gの低出生体重児で生まれて

目次

・保育器から娘を眺めるだけの日々
・やっと退院! 直接授乳に感動の涙
・育児ができない日々が私を強くしてくれた
・著者:ささたにあかね
保育器越しの赤ちゃん


もともと妊婦健診で小さめとは言われていましたが、正期産の時期に近づくにつれおなかの中の子の体重も徐々に増えていき、先生からも「2,500gを超えたからとりあえずひと安心!」 と言われていました。

しかしひと安心の言葉をいただけた妊婦健診の次の日、妊娠36週4日で突然破水し、心の準備ができないまま出産。生まれてみれば娘は2,280gの低出生体重児でした。娘はすぐ保育器へ入り、私の部屋には来ることができませんでした。

保育器から娘を眺めるだけの日々

入院中の娘は保育器に入っていたため、私はお世話ができず、3時間ごとに搾乳して母乳を助産師さんに届けることしかできませんでした。1日1・2回の抱っこを除いては、保育器越しに娘を見守るだけの日々。

娘より私が先に退院することになり、ひとりにしてしまうことがかわいそうで寂しくて、保育器の前で涙することも。

助産師さんから「この子、ママのおっぱいたくさん飲んで、早く大きくなっておうちに帰りたいんだね」と励まされ、また涙。そして「娘は頑張っているのに私が落ち込んでいたらダメだ!」と気付きました。

私が唯一できたことは、娘が保育器から出たときに母乳をたくさんあげられるよう、毎日朝も夜も3時間置きに搾乳を届けることでした。

やっと退院! 直接授乳に感動の涙

たくさん母乳を飲んでくれたことと、助産師さんのケアもあって何とか体重も増え、生後8日目に無事娘も退院することができました。

助産師さんには、娘に会えない不安などを相談するたびに励ましてもらっていたので、本当に感謝しています。初めて授乳したとき、「もう搾乳して届けなくても直接飲んでくれるんだ」「私たちの間には保育器はないんだ」と思うと涙が止まりませんでした。

これから始まる育児に不安や心配はありつつも、とにかく娘と一緒にいられることがただただうれしかったです。そして退院後、娘は順調に体重が増えていき、今では成長曲線の真ん中で体重が推移するほどの成長ぶりです。

育児ができない日々が私を強くしてくれた

育児が思うようにいかないときも、「育児がしたくてもできないことのほうがつらかった」と思えば、何でも頑張れます。助産師さんに「今はママは休んでて。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.